ビットコインゴールド・イーサリアム・リップルの最新動向/ブロックチェーンを分かりやすく徹底解説

仮想通貨ラボ

最近、テレビやネットのニュースで耳にするようになった「仮想通貨」

よく分からないけど怪しいんじゃないの?」と思っている人もたくさんいると思います。

このサイトでは、そんな仮想通貨について、

初心者の方にも分かるように

  • 仮想通貨とはどんなもの?
  • 仮想通貨とお金の違いって?
  • 仮想通貨はどうやって生まれたの?
  • 仮想通貨のリスクって?安全性はどうなの?

といった基本的なことから、最新の仮想通貨に関するニュースまで、幅広く解説しています。

仮想通貨のキホン

仮想通貨とは何か?

仮想通貨、暗号通貨、ビットコインのイメージ図2

仮想通貨とは、一言でいえば「インターネット上の”お金のようなもの”」です。英語では Crypto Currecy(クリプトカレンシー)と呼ばれることが一般的で、直訳すると「暗号通貨」となります。2017年1月時点、日本のおいては「仮想通貨」の呼び方が一般的ですが、世界的な呼び名にあわせて、今後「暗号通貨」という呼び方のほうが一般的になっていくかもしれません。仮想通貨の代表的なものとしては... 続きを読む

仮想通貨とお金の違い

そもそも現金(お金)とは何か?お金とは一体何でしょうか?それは「国家の信頼のもと」に「中央銀行が発行した」紙幣や貨幣です。千円札や一万円札などのお札は、正式には「日本銀行券」という名称で、日本銀行法という法律に基づいて発行されています。原価としては、わずか40円程度しかないといわれていますが、国家の信頼のもとに、千円、一万円という価値が割り当てられているわけです。仮想通貨は... 続きを読む

仮想通貨の歴史

仮想通貨はどうやって誕生した?仮想通貨の概念がはじめて発表されたのは2008年10月。Satoshi Nakamoto(中本哲史)という日本人名を名乗る謎の個人もしくは組織・団体によって2008年に11ページにおよぶ論文がインターネット上に公開されました。それは「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」というタイトルの論文でした。それは、こんな書き出しから始まります。概要 真の P2P 電子通貨が実現すると... 続きを読む

仮想通貨のリスク

変動リスクの大きさ ビットコインとは?でも解説したとおり、仮想通貨の特徴は以下4点に集約できます。・対応している店舗やWEBサイトでお金のように使える ・米ドル、日本円、ユーロなど現金に交換できる ・変動幅(ボラティリティ)が非常に大きい ・送金手数料がほとんど無料である このうち利用者にとっても最大のリスクとなりうるのは... 続きを読む

仮想通貨の安全性

仮想通貨や暗号通貨の安全性のイメージ図

仮想通貨の安心・安全を担保している技術 仮想通貨は、「ブロックチェーン」と言われる技術によって安全性を維持しています。「ブロックチェーン」は、分散台帳と呼ばれ、世界中の複数のコンピュータ同士が取引の信頼性を監視しあいます。従来のネットワークは、中央集権的なサーバーを中心にクライアントがぶら下がる構造でしたが、「ブロックチェーン」の技術では... 続きを読む

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類は、700種類程度といわれているのですが、実際に流通しているものは500種類程度です。何をもって仮想通貨と呼ぶのか、その定義も曖昧になっており、日々新しい仮想通貨が出ては、流通しなくなった仮想通貨は消えているといっても過言ではないでしょう。仮想通貨~時価総額ランキング トップ10 ここでは2017年1月時点、時価総額の多いトップ10の仮想通貨についてご紹介していきましょう... 続きを読む

仮想通貨の取引所を比較

仮想通貨を購入したり現金化するには「取引所」に口座をもつ必要があります。日本国内だけでも多くの取引所がありますが、ここでは取引高の多い5社を紹介します。株式会社シード・プラニングによる2016年1月~6月の調査結果で、カッコ内はシェアを表しています。1位:bitFlyer(37%) 2位:BTCボックス(24%) 3位:QUOINE(15%) 4位:Zaif(14%) 5位:coincheck(9%) 本サイトではこれまで何度も「仮想通貨自体の安全性にリスクは少ない。むしろユーザーが最も注意すべきは... 続きを読む

アルトコインとは?

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコイン(もしくはオルトコイン)と呼ぶことがあります。英語で「代わりとなる」を意味する alternative を意味してそう呼ばれます。2017年2月時点で時価総額の多い代表的なアルトコインを以下にまとめました。なお、イーサリアムの「スマートコントラクト」やリップルの「ブリッジ通貨」など、通貨以外の機能を主目的として開発されたものは、外しています。ライトコインは、ビットコインの次に開発された仮想通貨です。銀色のロゴは、銀貨をイメージしており、ビットコインの金貨と対照的です。基本的な仕組みはビットコインとほとんど同じですが... 続きを読む

ビットコインのキホン

ビットコインとは?

仮想通貨、暗号通貨、ビットコインのイメージ図3

ビットコインは、2009年に世界ではじめて発行された仮想通貨です。現在、約700種類程度あるといわれている仮想通貨の中で、圧倒的な流通量を誇っています。その流通量は、2017年1月時点で150億ドル程度ですから、日本円で約1.7兆円(1ドル115円換算)という規模です。ビットコインは、Satoshi Nakamoto(中本哲史)という日本人名を名乗る謎の個人もしくは組織・団体によって2008年に論文が発表されたことが始まりでした。この辺りは、仮想通貨の歴史でも詳しく説明していますので、そちらをご覧いただき、ここでは「ビットコインの仕組みと特徴」にフォーカスをして... 続きを読む

マイニングとは何か?

ビットコインは、2009年に世界ではじめて発行された仮想通貨です。現在、約700種類程度あるといわれている仮想通貨の中で、圧倒的な流通量を誇っています。その流通量は、2017年1月時点で150億ドル程度ですから、日本円で約1.7兆円(1ドル115円換算)という規模です。ビットコインは、Satoshi Nakamoto(中本哲史)という日本人名を名乗る謎の個人もしくは組織・団体によって2008年に論文が発表されたことが始まりでした。この辺りは、仮想通貨の歴史でも詳しく説明していますので、そちらをご覧いただき、ここでは「ビットコインの仕組みと特徴」にフォーカスをして... 続きを読む

ビットコインの入手方法

ビットコインを入手する方法は主に以下4つがあります。 ・取引所(もしくは販売所、以下取引所に統一)で購入する ・知り合いから譲り受ける ・ビットコインATMで購入する ・マイニングで採掘する ビットコインを入手する殆どのケースが... 続きを読む

ブロックチェーン

ブロックチェーンって?

ブロックチェーン、分散型台帳、PtoPのイメージ

仮想通貨の安全性や信頼性を裏付けている中心的な技術はブロックチェーンと呼ばれています。ブロックチェーンは日本語では「分散型台帳技術」と訳され、2008年にSatoshi Nakamotoによって考案されました。ブロックチェーンは複数の端末に同一の記録を同期させる仕組みと考えると分かりやすい。もし端末間の記録に差異が生じた場合、「多数決」によって正しい記録を決定するルールがある。従来のサーバーを核としたネットワーク構造においては、サーバー1台が攻撃をされたら、ネットワーク全体が機能停止してしまっていた。しかしブロックチェーンは... 続きを読む

イーサリアムとは?

仮想通貨ではなくプロジェクト名?2017年2月時点、イーサリアムはビットコインに次ぐ世界2位の市場規模を誇る仮想通貨です。その規模は9.9億ドルですから、日本円に換算すると1,110億円ということになりますね。イーサリアム=仮想通貨と思われがちですが、正しくはイーサリアムとはブロックチェーンを新たな分野に応用していこうというプロジェクトとして始まったものでした。イーサリアムの構想を考えたのは、当時19歳(!)のスイス在住ロシア人:ヴィタリク ブテリン(Vitalik Buterin)でした。その構想は... 続きを読む

 

更新日:

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.