「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

リップル

リップル高騰の背景は?ビットコインとの違い(取引所など)

更新日:

リップル高騰の背景は?ビットコインとの違い(取引所など)

リップルのロゴ

2017年3月~5月は、ほぼあらゆる仮想通貨が大きく値を上げた期間となっています。

今回の世界的な仮想通貨高(暗号通貨高)は、完全に日本が震源となっています。

3/8にニューヨークでビットコインETFが否決され、仮想通貨は終わったのでは?との失望から一転。そんな不安をかき消す大きなニュースが日本から次々にでたのです。

ざっと上げても以下のようなニュースが日本経済新聞、しかも記事によってはトップ1面に躍り出たことが要因といって、ほぼ間違いないでしょう。

①仮想通貨技術で国際的実証実験 金融庁、海外当局と連携(3/9)
②三菱UFJ、送金効率化へ世界連合、米欧豪6行と18年(3/31)
③ビックカメラ、仮想通貨を店頭で利用開始(4/7)
④ぐるなび、ビットコイン決済支援 20年までに(4/24)
⑤みずほFG、貿易取引に「ブロックチェーン」活用(4/26)
⑥ビットコイン版「定期預金」 コインチェック、預ければ金利(5/9)
⑦地銀4行、仮想通貨の技術活用したサービス開発へ(5/10)
⑧三菱東京UFJ銀行、ニコスを完全子会社化 非現金決済の柱に(5/10)

本サイトを始めたきっかけは、以前もお伝えした通り、書籍:ブロックチェーンレボリューションとの出会いでした。

本書はまさにこういった世界を代表するメガバンクがブロックチェーンを活用するという予言書でもありました。

そしてこの期間、最も高騰したのはビットコインでもイーサリアムでもありません。

リップルです

最も高騰した仮想通貨「リップル」ってなに?なぜ高騰したの?

ライアン・フガー本人の写真

リップルとは、2004年カナダ人のWEB開発者:ライアン・フガー(Ryan Fugger)により考案され、アーサー・ブリット(Arthur Britto)、デイヴィッド・シュワルツ(David Schwats)等によって開発された決済システムおよび仮想通貨(XRP)。ビットコインとの違いは決済スピード。

リップルもビットコインと同様、ブロックチェーンの分散台帳技術を利用しているが、二重払いを検知するシステムが独自。

本サイトで何度も紹介しているとおり、ビットコインの取引が平均10分かかるのに対して、リップルは「わずか数秒」で決済を行うことができます

Googleがリップルに出資しているイメージ図

また、あのIT業界の巨人:Googleも出資している仮想通貨で、Ripple,Inc.には以下のような国家・大企業の元高官が数多く名を連ねています。

元FRB上級アナリスト、ドイツの元科学技術相、ホワイトハウス前経済顧問、元米国務省官僚、Yahoo!元上級副社長、ニューヨーク共和党財政委員会会長、元オラクル副社長…

そんなリップルですが、2017年1月1日と本日2017年5月13日を比べてみると、
ビットコイン:10万円→21万円(2.1倍)
イーサリアム:1,000円→1万円(10倍)
リップル  :0.6円 →24円(40倍)

※この記事を書いたわずか6日後の2017年5月19日現在、リップルは42円前後の相場となっています。すなわち、年始から70倍です!!

2016年5月から2017年5月までのリップル相場

わずか1か月半で、なんと40倍にもなっているのです!!!

一体なぜか・・・?

それは、前述の日本経済新聞を騒がせている記事のうち、メガバンクが絡んでいる以下のような記事は、全てリップルの技術が使われているからに他なりません

②三菱UFJ、送金効率化へ世界連合、米欧豪6行と18年(3/31)
⑤みずほFG、貿易取引に「ブロックチェーン」活用(4/26)

こちらの記事でも紹介している通り、リップル最大の特徴は、「ブリッジ通貨」としての機能です。

仮想通貨だけでなく、円やドルの法定通貨も仲介する“どこにでも現れる仮想通貨”…それがリップルなのです。

技術面、企業基盤、実績、汎用性…いずれの面でもビットコインやイーサリアム以上のポテンシャルがあると思いませんか?

2017年にある意味バブル期を迎えた仮想通貨市場、個人的にはリップルこそが本命と思っており、実際に私は仮想通貨投資額の実に70%をリップルに入れています!

リップルを持ってみたい、という方はCoinCheckがおすすめです。
間違いなく、今が買い時だと思います。

リップルのおススメ理由バナー



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-リップル

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.