「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

イーサリアム 関連ニュース

イーサリアムアライアンス(EEA)~トヨタ、三菱UFJフィナンシャルなど新たに86社が参加

更新日:

イーサリアムアライアンス(EEA)~トヨタ、三菱UFJフィナンシャルなど新たに86社が参加

トヨタ自動車のロゴ

2017/2/28の記事イーサリアム高騰の背景でも詳しくご紹介した通り、コンサルティング大手のアクセンチュアやスペインの大手銀行:サンタンデール、英国の石油大手BP、ニュース・情報サービスのロイターなど約30の企業が団体が参画していた「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」について、本日新たに86社が参画したとブルームバーグ(Bloomberg)が報じました

Bloombergの記事を詳しく見ていきましょう!

"新会員には、日本最大の銀行であるMUFG、デロイト、サムスンSDS、インド最大のITサービス会社であるサムスンのIT子会社であるインフォシス(Infosys)などの金融業界の大手DTCC、自動車メーカーのトヨタ、サンフランシスコ証券取引所、米国製薬大手メルクなどが含まれます。"

ベンジャミン・ロザノ(Benjamin Lozano)氏の写真

サンフランシスコ証券取引所の最高経営責任者(CEO):ベンジャミン・ロザノ(Benjamin Lozano)氏は、「米国の金融株式売買のための新しいプラットフォームを考えた際、イーサリアムのスマート・コントラクトこそが、信頼とスケーラビリティ(処理速度)の両方を備えた、優れた技術である。」と述べたそうです。

また、現在ビットコイン熱の高い、アジアからも新たに3倍に近いメンバーリストに参画。東京ベースのコンセンサス基地、韓国のコインプルッグ、中国のスタートアップConsensLabs、サムスンSDSなどです。

最近、特にR3のブロックチェーンコンソーシアムを終了したスペイン銀行大手サンタンデールのブロックチェーンのR&D責任者でもあるEEAの議長であるジュリオ・ファウラ(Julio Faura)氏は、EEAを取り巻く熱意は「注目に値する」と語りました。

トヨタ自動車と三菱UFJフィナンシャルグループも参画を発表!

今回、私たち日本人にとって驚きだったのは、なんといってもトヨタ自動車とMUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)の参加でしょう。

豊田社長とトヨタ・リサーチ・インスティテュートのクリス・バリンジャー最高財務責任者の写真
トヨタが人工知能(AI)研究・開発拠点として米国で設立したトヨタ・リサーチ・インスティテュートのクリス・バリンジャー最高財務責任者(CFO)は発表資料で、「この技術の導入とトヨタの顧客の潜在的な利益を加速させるため、業界標準・ツールの推進でEEAとそのメンバーを後押しする」と表明した、と記事は伝えています。

MUFGについては、コイン、みずほマネー…お金の未来予測の記事の中でメガバンク送金研究に大きくかかわっているのは、ブリッジ通貨としての機能に優れるリップル(ripple/XRP)である、と紹介していました。

たぶん、MUFGコインについては、引き続きリップルのブリッジ通貨機能の活用、転用を目指していることに変わりはないと思いますが、今回「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」の発表で、国内最大手のメガバンクは、リップルだけでなくイーサリアムのスマートコントラクトにも目をつけている、ということなんだと思います。

イーサリアムこそブロックチェーン&仮想通貨の本丸!?

そして仮想通貨の本命もビットコインからイーサリアムやリップルに移行する1つの大きなきっかけになるかもしれません。

ビットコインの生みの親:Satoshi Nakamoto(中本哲史)は、本当に日本人だったのかいまだに謎ですが、もしそうなのであれば、それはまるで、世界初の画期的なインターネット携帯(NTTドコモのiモード)を徹底的に研究したスティー・ブジョブスが「iPhone」をリリースした構図に非常に似ているような気がします。

Satoshi Nakamoto(中本哲史)氏のイメージ画像

今、Satoshi Nakamoto(中本哲史)が編み出した世界初の仮想通貨ビットコインは、ロシアの天才ハッカー:ヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたイーサリアムに技術面では完全に逆転され、市場規模も猛追を許しているのです。

カナダ人:ライアン・フガー(Ryan Fugger)氏によって開発されたリップルもイーサリアム同様、ビットコインを猛追しています。

ビットコインの爆走もいつまで続くか誰も予測はできませんが、世界のビッグパワーを巻き込み、金融システムに浸透した「イーサリアム」と「リップル」が世界の仮想通貨市場も牽引していくことはほぼ確実になったといえるでしょう。

今度もTOP3の動向から目が離せません。

世界3大通貨をどこよりも簡単に早く取引するならCoincheckがおすすめです。

リップルのおススメ理由バナー



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-イーサリアム, 関連ニュース

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.