仮想通貨ラボ

ビットコインキャッシュ・イーサリアム・リップルの最新動向/ブロックチェーンを分かりやすく徹底解説

アルトコイン

ネム(NEM/XEM)とはいかなるアルトコインか?高騰の理由は?

投稿日:

ネム(NEM/単位:XEM)とはいかなるアルトコインか?高騰の理由は?

ネムのロゴ

2017年5月大きな注目を集めた仮想通貨(アルトコイン)があります。

それはネム(NEM/XEM)です。リップルには及びませんが、この僅か1か月で10倍の高騰を見せています。

世界に約700あるといわれる仮想通貨の中でも今月、一気に市場規模を拡大し、2017年5月22日時点、ビットコイン、イーサリアム、リップルに次ぐ世界4位の市場規模を誇っています。

ネムが世界4位の仮想通貨になった市場規模レポートの図

ネムとは一体どんな仮想通貨なのでしょうか。

NEMは仮想通貨名ではない?マイニング(発掘)でなくハーベスティング(収穫)?

NEMとはNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称でした。

イーサリアムが正式には仮想通貨の名前でなくプロジェクトの名前だ、という話は以前の記事イーサリアムとは?で紹介しましたが、ネムも同様に、もとはプロジェクト名だったのです。

NEMによって発行された仮想通貨はXEM(ゼム)なのですが、イーサリアムプロジェクトで生まれた仮想通貨「イーサ」が「イーサリアム」と呼ばれているように、「ネム」も仮想通貨の名前として定着してしまっているようです。

2014年1月19日に開催されたbitcointalk.orgという組織のフォーラムにてutopianfutureというハンドルネームの人物により提唱され、2015年3月31日に公開されました。

当初、開発チームの1人に日本人がいたことで日本の国内で知名度を上げたようです。

発行量は8,999,999,999XEMで、約1,600人の投資家に均等に分けられています。

ビットコインで言うマイニング(採掘)という新規通貨発行の概念はなく、ハーベスティング(収穫)という形で「分配されている」ということが、ビットコインとの最大の違いであり、NEMの特徴といえます。

NEM(XEM)爆謄の理由とは?

急騰のもう1つの理由として考えられるのが、取扱を検討している取引所が世界中で増えている、ということもあげられます。具体的には以下のような取引所です。

Gatecoin(香港)
Coinbase(米国)
Btcmarkets(豪州)
Maicoin(台湾)
Southxchange(アルゼンチン)

これに加えて、取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社が5月17日に出したリリースがさらにネムの爆謄を加速させている、との見方が強いです。

取引所zaifを運営するテックビューロとネムのロゴ

その内容とは、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が「ブロックチェーン連携プラットフォーム」プロジェクトにおいて一般公募したブロックチェーン情報提供依頼に対して、テックビューロ社がmijinの製品資料を提出した、というものです。

「mijin」とはテックビューロ社が開発したプライベートブロックチェーンで、NEMの技術をもとにしています。2015年12月に野村総合研究所と住信SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験にあたりmijinを採用することが発表されるなど注目を集めていました。

mijinのイメージロゴ

今回の発表にあわせてこれまで未公開だった2つの新たなコンセプト(オンチェーン・アセット・モデリングスマート・サイニング・コントラクト)も一般に公開され、これらは現在ニューヨークで開催中の展示会Consensus2017(5/22-5/24)において、ブース出展とともに欧米マーケットにも発表されるという期待感から買いが殺到したと思われます。

テックビューロのアドバイザーはあのホリエモン!?

ホリエモンこと堀江貴文氏の写真

NEMを使ってmijinを開発したテックビューロのアドバザーにはホリエモンこと、堀江貴文氏も名を連ねている。

彼は自著『君はどこにでも行ける』の中で以下のような発言をしている。

僕自身は、ビットコインに代表されるブロックチェーン技術を応用したビジネスを、アフリカで展開しようと計画中だ。いまは、某ブロックチェーン技術のアドバイザーを務めている。(中略)ブロックチェーンをうまくアフリカに導入できたら、大変な金融イノベーションが起きるだろう。そして、おそらく実現できる。先進国のような、従来のインフラの利権構造による邪魔がない。

アフリカのイメージ図

私も以前、こちらの記事で以下のように考えていました。

特にアフリカや東南アジアの農村部においては、今も銀行が身近にないという人たちが世界中にたくさんいます。そんなかれらもスマートフォンはもっているのです。爆発的な仮想通貨の拡大は、ひょっとするとこういった地域から始まるかもしれません。

ホリエモンさんの考えていることですから、一気に事業拡大するかもしれませんね。

そんな汎用性と期待感の高いNEM(XEM)は、Zaif(ザイフ)かcoincheckで購入できます。

ポテンシャルあり、と思った方は今すぐ購入しておきましょう。

リップルのおススメ理由バナー

------↓初心者の方はこちら↓------------

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなどの仮想通貨を買うなら絶対コインチェックがおすすめです。
※アプリは指値売買ができず手数料が高いので、アプリDLではなくメール&パスワード登録へ!まずは5万円ほど入金して仮想通貨とブロックチェーンの世界を体感してみてください!!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

------↓上級者の方はこちら↓------------

【8/2配信:Vol.1の内容】
●ビットコインキャッシュの行方
●8月以降の主要仮想通貨の相場予測
●私の仮想通貨資産(696万円→703万円)

【8/9配信:Vol.2の内容】
●シカゴ・オプション取引所~ビットコイン先物を上場か?
●テックビューロがICOソリューションを発表~NEMの爆謄は続くのか?
●明日イーサリアムの生みの親が来日~重大発表あるか?
●私の仮想通貨資産(703万円→912万円)

⇒月内のバックナンバーは全て見られます!初月無料なので是非ご登録ください。
仮想通貨ラボforまぐまぐ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本サイトのブックマークをお忘れなく!
SNS拡散もご協力いただけますと幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-アルトコイン

執筆者:

2017/08/09

ウィンクルボス兄弟って誰?~ビットコインETFに次ぎ先物をCBOE上場か?

2017/08/05

ICOって何?~ブロックチェーンがもたらした資金調達の威力と将来性

2017/08/01

クローズアップ現代+が報じた「仮想通貨バブル」~未来のお金の行方は?

2017/07/22

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC/BCH)とは何か?

2017/07/19

中国産の新たなビットコイン「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」誕生へ!

2017/07/14

SBIホールディングス北尾氏やリップル(XRP)は日本・世界の銀行に革命を起こすのか?

2017/07/14

仮想通貨ランキングTOP10~世界の市場規模(2017/7/13/21:00)

2017/07/13

底はどこ?仮想通貨2017夏の陣~ビットコイン分裂問題で大儲けを狙う投資タイミングを徹底予測

2017/07/03

マウントゴックスの元社長:マルク・カルプレス氏の初公判(2017年7月11日)~ビットコイン消失事件の真相

2017/07/03

仮想通貨は「未来のお金」になりうるのか?

2017/06/30

SBIが新規取引所「SBI MAX(仮称)」を今夏開設~米国リップル社およびR3との連携を株主総会で猛烈アピール

2017/06/28

仮想通貨の安全性~仕組みとリスクへの対策を分かりやすく解説

2017/06/28

イーサリアム大暴落~ICO多発でスケーラビリティ問題が浮上(6/27)

2017/06/27

仮想通貨の入手方法~はじめての方にも分かりやすくて簡単

2017/06/25

仮想通貨の取引所とは?~取引所と販売所の違い・主要取引所など

2017/06/24

アマゾン(Amazon)で仮想通貨ビットコインやライトコインが使えるようになる!?

2017/06/22

未公開通貨のプレセール(ICO)に便乗した仮想通貨詐欺

2017/06/20

ジハン・ウー(Jihan Wu)氏とは何者か?

2017/06/19

仮想通貨の種類は1,000種類!?~主要30通貨を一挙に解説

2017/06/14

仮想通貨・株・FX…2017年下半期おすすめの投資は?