「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

アルトコイン イーサリアム

仮想通貨イーサリアムクラシックとは?~イーサリアムが2つに分裂した経緯

投稿日:

仮想通貨イーサリアムクラシックとは?~イーサリアムが2つに分裂した経緯

イーサリアムクラシック(ETC)のロゴ

イーサリアムクラシックは、ビットコインに次ぐ世界2位の市場規模を誇るあのイーサリアムから分裂してできた仮想通貨なんです。

分裂したのは今から約1年前の2016年6月。

2月8日の記事:イーサイアムとは?でも紹介しているとおり、2016年6月17日にイーサリアムプロジェクトで大きな事件が発生しました。

プロジェクトで作られた新たな仮想通貨the DAO(ザ・ダオ)を経由した、350万イーサ、当時の取引価格で約52億円が不正に盗まれてしまいました。

ハッカーが新通貨The DAOにあったバグを利用し、ハッキングしたといわれています。

この事件を受け、イーサリアムの発案者:ヴィタリック・ブテリンを中心とするプロジェクトの中心メンバーたちは、プログラムの強制的な修正(「ハードフォーク」と呼ばれています)を実施しました。

しかしこのハードフォークに反対する人たちが出てきたのです。

ハードフォーク(hard fork)に反対するのは何故?

プログラムの不具合を直す、これは極めてまっとうな話だと多くの方は思うでしょう。

しかし仮想通貨の世界ではそんな単純な話ではないようです。

仮想通貨の安全性でも紹介している通り、仮想通貨の基幹システムとなっているブロックチェーンは、中央集権でなく、世界中のPC(ノード)が分散的にデータを管理・記録することが最大の特徴となっており、システムの理念なのです。

従来の国家や中央銀行という中央集権的な権力から解放され、世界中の人々が信頼性を担保していく新しいデータベースインフラを構築すること、それがブロックチェーンであり、ブロックチェーンを最初に活用した仮想通貨(正確にはイーサリアムではなくビットコインですが)も当然、分散的に管理・運用されなければならない。

これが反対派の主張でした。

結局この論争は和解することなく、イーサリアムはイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)に分散してしまったのです。

イーサリアムクラシックは世界5位の市場規模にまで成長

2017/5/29 仮想通貨市場規模のランキングチャート

イーサリアムからの分裂から約1年がたった本日2017年5月29日時点、イーサリアムクラシック(ETC)の市場規模は約14億円、日本円で1,500億円程度まで成長しており、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムに続く世界5位の仮想通貨となっています。

チャートを見ていただくとよくわかると思いますが、このイーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアム(ETH)と非常によく似た動きをします。2つの仮想通貨を研究すればより勝率の高い運用ができるかもしれません。

そんなイーサリアムクラシックをもってみたい、という方はCoincheckがおすすめです。

ビットコインも分裂の危機があった?今も分裂の危機にある?

ビットコインの分裂、スケーラビリティ問題のイメージ図

これまでイーサリアムの分裂について話を進めてきましたが、ビットコインにも同様にハードフォーク(hard fork)により分裂の危機があった(ある)ことをご存知でしょうか?

詳しくはビットコイン分裂論争で大暴落!でも紹介しているとおり、ビットコインは取引スピードが遅すぎる、という構造上の問題を抱えています。

こちらも詳しくは世界初の仮想通貨「ビットコイン」とは?で説明していますがビットコインのブロック生成には10分程度の時間がかかるように設計されているため、取引スピードが他の仮想通貨(アルトコイン)と比べ圧倒的に遅いのです。

これはビットコインのスケーラビリティ問題と呼ばれています。

この問題を解決するために、ハードフォークを実施すべきか、しないべきかで今世界中で論争が起こっているのです。

本日2017年5月29日では、Segwit(セグウィット)という署名に関するプログラムを分離することで、従来1MBだったブロック容量を拡大できるという方法論がビットコインに採用されそう、というのが大方の見方になっています。

Segwitの実装は旧来バージョンと互換性があるため、ハードフォークではなく、ソフトフォーク(soft fork)として認識されており、イーサリアムのときのように分裂することはなさそう、というのが大方の見方です。

イーサリアムは実際に分裂して、ビットコインもまだ分裂する可能性がゼロではない、という状況ですので、他の仮想通貨も同様の論争が巻き起こってくるかもしれませんね。

こんな風にビットコインやアルトコインのことを深く知ろうと思ったのも全てはcoincheckがきかけでした。

あなたもコインチェックでビットコインだけでなく色々な仮想通貨をもってみませんか?稼げるかどうかは別にして、本当に勉強になりますよ。



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

  • 仮想通貨と現金(お金)の違いって? そもそも現金(お金)とは何か? お金とは一体何でしょうか?それは「国家の信頼のもと」に「中央銀行が発行した」紙幣や貨幣です。 千円札や一万円札などのお札は、正式には「日本銀行券」という名称で、日本銀行法という法 […]
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC/BCH)とは何か? 【8/1追記】ビットコインが分岐!ビットコインキャッシュが誕生 2017年8月1日(日本時間)22:26頃 ビットコインが分岐し、ビットコインキャッシュが誕生しました! 記念すべき最初のブロックが発掘さ […]
  • ビットコインの簡単で安全な入手方法 【9/10追記】ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?安全性・信頼性・危険性 ビットフライヤー(bitFlyer)の評判、安全性・信頼性・危険性を公開しました。 ビットコイン4つの入手方法 ビットコイ […]
  • マイニングとは何か? ビットコイン発行の仕組み ビットコイン関連のニュースやWEBサイトにマイニング(採掘)という言葉がよく出てきます。何となく英語のmine(採掘する)という意味から、金(お金)を掘り起こす、すなわち新規のビットコインが […]
  • UASFおよびBIP148をどこよりも分かりやすく徹底解説 【7/19追記】 中国産の新たなビットコイン「ビットコインキャッシュ(Bitcoin […]

-アルトコイン, イーサリアム

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.