「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

リップル 関連ニュース

リップル(XRP)~アリババ(アリペイ:支付宝)と提携か?

更新日:

※リップル社による発表の内容はこちらでした。↓
リップル社、国際送金SWIFTとの融合~名称は「SWELL」

リップルおよび仮想通貨XRPとは?

リップルのロゴ

リップル社(ripple.com)は世界を代表するフィンテックベンチャー。サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、ルクセンブルク、シドニーに拠点があり、元CEOで現会長のクリス・ラーセン(Chris Larsen)氏は、2017年3月に国際通貨基金(IMF)のHigh Level Advisory Group on FinTechのManaging Directorに選ばれています。

このリップル社(ripple.com)が発行している仮想通貨がXRP(通称:リップル/ripple)で、その市場規模は2017年8月23日時点で約100億ドル、日本円で1.1兆円となっています。

※明朝のリップル公式ツイッターの発表を前に急騰しており、まさにこの記事を書いている瞬間にビットコインキャッシュ(BCC)を抜き、世界第3位の仮想通貨に返り咲いています。

リップル(XRP)最大の特徴は、法定通貨や仮想通貨の橋渡しとなるブリッジ通貨で、世界中の大手銀行を巻き込み、既存の銀行決済に革命を起こそうとしている急先鋒です。

SBI Ripple AsiaのHP

日本でも三菱東京UFJ銀行をはじめとする3メガバンクが全てリップルとの共同研究を進めていると噂されており、SBIホールディングス(北尾吉考社長)はリップルとの合弁会社、SBI Ripple Asia株式会社を設立。2017年夏には香港で新たな取引所SBI MAX(仮称)の発表も行っています。

8/21早朝のリップル公式ツイッターでの投稿内容

そんなリップル社が8/21(月)早朝に公式ツイッターで意味深な投稿を行いました。

リップル公式ツイッターの投稿

3...2...1... The countdown begins
(3...2...1..カウントダウンが始まった)

3 days of mind-blowing
(びっくりするような3日間)

2 themes coming together,
(2つのテーマが一気にやってくる)

投稿後のリップル(XRP)相場

XRPのチャート推移

公式ツイート前に1XRP=17.5円だった相場は、わずか2日半で30円と170%以上の上昇率を記録しています。

気になる明朝の発表ですが、現時点で最も多く噂されているのがアリババ(阿里巴巴集団)との提携です。

アリババ(阿里巴巴集団)とは?

アリババのロゴ

アリババとは、テンセント(騰訊控股)と並ぶ中国の2大インターネット企業で、企業間電子商取引のオンラインマーケット「阿里巴巴 (Alibaba.com;アリババ・コム)」や電子商取引サイト「淘宝網 (Taobao.com)」を運営。

最新の世界時価総額ランキングでも8位入る超ビッグカンパニーです。

1位:アップル(78兆円)、2位:アルファベット(68兆円)、3位:マイクロソフト(60兆円)、4位:フェイスブック(50兆円)、5位:アマゾン・ドット・コム(49兆円)、6位:バークシャー・ハサウェイ(47兆円)、7位:アリババ・グループ・ホールディングス(42兆円)、8位:テンセント・ホールディングス(40兆円)、9位:ジョンソン&ジョンソン(39兆円)、10位:エクソン・モービル(37兆円)

そして今や中国人の生活になくてはならないアリペイ(支付宝/Alipay)も提供しているのです。

アリペイ(支付宝/ALIPAY)とは?

アリペイのロゴ

アリペイ(支付宝/ALIPAY)とは、アリババ(阿里巴巴集団)の金融部門が独立して開発、2004年12月からサービス提供を開始した中国最大規模の非接触型オンライン決済サービスです。中国では元々クレジットカードがそれほど浸透しておらず、一般的には「銀聯(ぎんれん)」というデビッドカードが主流でした。

そんな中アリペイは着実に利用者を増やし、ユーザー数は4.5億人を超え、2016年11月11日の「独身の日」には1日の取扱高が過去最高の1兆円を超えました。

リップル(XRP)とアリペイ(支付宝/ALIPAY)提携が意味するところ

既にアリペイは、送金、割り勘、チャージなど何でも簡単にスピーディにできる優れもの。

リップルと提携したところで新たな機能追加はなさそうです。
では何が期待できるのか?

それはセキュリティの強化だと思われます。

リップル(XRP)が買える取引所

クリス・ラーセンの写真

明朝の発表が何なのか?

現時点で確実にいえることは、韓国ウォンが大量に流入しているということだでけです。

ひょっとしたら中国ではなく、韓国関連の発表かもしれません。

もしくはアリババのような1企業との提携ではなく、中央銀行など「国家やそれに近い機関との提携」なのかもしれません。

そもそも、まったく大したことのない発表なのかもしれません。

リップル公式ツイッターでの発表は、日本時間8月24日早朝の予定です。

そんなリップル。今すぐ買いたいのならコインチェックがおすすめです。



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-リップル, 関連ニュース

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.