「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

イーサリアム ビットコイン ブロックチェーン 取引所

落合陽一氏が語った仮想通貨の未来~ホウドウキョクに出演

更新日:

落合陽一氏とは?

落合陽一

1987年9月16日東京都生まれ、六本木育ちの日本の研究者。現在、筑波大学の学長補佐をつとめながら、メディアアーティスト、実業家として活躍。

仮想通貨が専門な訳ではありませんが、シンギュラリティ、ブロックチェーン、超AI時代の生存戦略などに精通。個人的には、今日本にいる学者の中で、もっとも頭のきれる先進的な人物と思っています。

ちなみに父は国際ジャーナリストの落合信彦氏。従兄弟はレディ・ガガの主治医を務めたデレク・オチアイ氏です。

ホウドウキョク「Live Picks」で仮想通貨について語った

ホウドウキョクのLive Picks

8/30(水)10時~ホウドウキョクの「Live Picks」に出演し、仮想通貨の未来について約40分みっちりお話いただきました。

本ブログをくまなく読んでいる方は、今回の落合陽一氏の話がかなりよく理解できたのではないかと思います。

昨年の自らの結婚式ではご祝儀をビットコインでもらった、という驚きのエピソードから始まった「Live Picks」。

司会はNews Picksの佐々木紀彦編集長です。

落合氏の話をざっとレビューしていきましょう。

恐怖指数と連動する仮想通貨相場

北朝鮮のミサイル

8/29早朝、北朝鮮が日本をまたぎ、オホーツク海沖1180kmにミサイルを発射したことは記憶に新しいことと思いますが、落合氏はこうした恐怖指数が仮想通貨の価格を上げると発言。

実際、本日8/30ビットコインは過去最高の一時50万円を記録しました。

本ブログでも何度もお伝えしてきましたが、キプロス危機中国元安といった自国通貨に対する不安が、ビットコインの上昇と大きく連動してきました。

視聴者からの質問に答えまくる落合陽一氏

日本円とビットコイン

「ビットコインは法定通貨を駆逐する存在になりますか?」との質問には、「それはないでしょ。」と軽く答えていましたが、世界最強通貨の1つである日本円も、今後の信用次第では分からないというのが私の持論です。

超高齢化社会による社会保障と医療費の増大は、今後ますます深刻化します。東京オリンピック以降の2025年~2030年に、日本円はデフォルトの危機を迎える可能性もゼロではないと思っています。

このとき日本円はもはや外貨には交換できません。暴落した日本円の行き先はどこか?

最有力は間違いなく仮想通貨になるだろう、と予測しています。私見を挟みまして失礼しました。落合氏の解説に戻ります。

------
Q:ブロックチェーンとは何ですか?

A:トランザクション(取引)をみんなで監視しあう、Peer to Peer(端末同士)のログ(記録)が残るシステム。

------
Q:為替や株価とは連動するの?

A:仮想通貨の市場全体が小さすぎるのですぐ動く。やれ韓国のマネーが入り込んだのだのリアルタイムでは分からないことが多い。

安定した「円コイン」はあり

三菱東京UFJ銀行

法定通貨を駆逐する存在にはならないが、円とペッグされた仮想通貨は全然ありだと思う、と発言した落合氏。

まだ具体的にはないが、、、、といっていましたが、2018年に三菱東京UFJ銀行が発行する予定の仮想通貨MUFGコインはまさに円にペッグされた仮想通貨になります。

また世界で最も先進的なIT大国エストニアは、先日ICOで「エストコイン」の発行を発表(正確には国家ではなく一般企業がICOを発表したとの噂もあり)。

これについて落合氏は「正しいと思う」とコメント。国家による仮想通貨発行を評価しているようでした。

仮想通貨が浸透しやすい業種

仮想通貨が浸透しやすい業種

また「仮想通貨はどの業種から浸透しやすい?」との問いには、空港にある両替所をどうにかしてほしい。交通系はキーになるかも。とコメント。

また、ポイントがつく会社(ANAなど航空会社やTポイントなど)は既にほぼ仮想通貨みたいなことになっているので、このあたりも広まりやすいのでは、と解説。

仮想通貨の相場は、キーパーソンによるところが多い

ヴィタリック・ブテリン

仮想通貨の相場予測は、テクニカル・ファンダメンタル両面からチャートを見ている、とのことでしたが、それ以上に大きな要素として、キーパーソンの発言を上げていました。

仮想通貨界におけるキーパーソンとして挙がったのは、本ブログでも何度も紹介しているジハン・ウー氏ヴィタリック・ブテリン氏です。

ジハン・ウー

かつて(今もかもしれませんが)円ドル相場はFBR議長、株価は日銀総裁の一言で大きく変わった以上に、仮想通貨界は、この2人の発言が大きく影響します。

特に「みんなが日銀総裁」という言葉が大変印象的でした。。。

ヴィタリック・ブテリン氏は、ビルゲイツのような世界の頂点に立つ億万長者になるだろうと予測しており、私も全く同感です。

落合陽一氏が使っている取引所

コインチェック

「どの取引所を使っていますか?」という問いには、ビットフライヤーコインチェックザイフの3つと回答。

かつてよりは差が少なくなったとはいえ、各取引所によって手数料が違うので3つ全て持っておいた方がいいと思う、とコメントしていました。

「どの仮想通貨を買うか?」という問いについては、ホワイトペーパーを呼んでプロジェクトの可能性を感じた新規通貨とのこと。

ただし、所有する種類は4種類にしており、トレードも朝夕30分程度とのことでした。健全です。

ビットコインについては、誰が何のためにやっているのかプロダクションとチャートの両面から判断しているとのこと。落合氏の分析では、今は完全にバブルだそうです。要注意

落合陽一氏が示した仮想通貨の未来

仮想通貨の未来

番組の中で仮想通貨の未来について3つの視点が提示されました。

その中で私が注目したのは1点目のアジアの統一通貨です。

「何故アジアか?」と問いには、北米・南米はどうか分からないけど、国土が狭い国が多くて言語もバラバラ。でも人口が増え続けている国家において、各国が貨幣システムをまかなえるのか?という視点は大変勉強になりました。

中国の電気代が2倍になったら仮想通貨は大暴落する

「中国の電気代が2倍になったら仮想通貨は大暴落する」という発言はその通りだと思います。

ジハン・ウーのビットメインのマイニング工場は、中国のど田舎にとんでもない工場を作っているわけです。電気代が安い中国のど田舎だから成り立つこのマイニング産業。

未だに「日本でマイニング」とかいっている人がいますが、電気代の問題がクリアにならない限り本格的には誰もやらないでしょう。

中国による中央集権化を止めるには、本当は日本でのマイニングが重要なんですが。。。。

仮想通貨の税金について

仮想通貨の税金、確定申告

「来年、みんな税金どうはらうんだろ?」というまっとうな指摘。

仮想通貨の確定申告については、本サイトやまぐまぐでも適宜UPしていく予定です。

あっという間に感じた40分。落合陽一氏の知識量と頭の回転の速さ、しゃべりのキレにはあらためて感心させられました。

そしてこの「Live Picks」、いい番組です。もう地上波とか見てられないですね。勉強になりました。おやすみなさい。

関連記事:ビットコイン暴落リスク~落合陽一氏「BTC・BCHの価格差、説明つかず」



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

  • ビットコインを増やしてみたい さまざまなビットコイン増加方法を実践しながら紹介 今日はブログサイト「ビットコインを増やしてみたい」をご紹介します。 2016年10月からはじまったサイトですが、既にアメブロの仮想通貨関連のランキングで […]
  • 仮想通貨は本当に怪しくて詐欺まがいなものなのか? 仮想通貨に関するテレビ・新聞・ネットニュースの報道 仮想通貨元年といわれる2017年。 今年はテレビや新聞でも仮想通貨やビットコインについて報じられる機会が増えてきました。 そして国内最大のニュー […]
  • bitFlyerが新決済サービスを開始 【9/10追記】ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?安全性・信頼性・危険性 ビットフライヤー(bitFlyer)の評判、安全性・信頼性・危険性を公開しました。 bitFlyerの新決済「bitWire […]
  • 中国が仮想通貨取引所を禁止~BTCCの発表に続きOKコイン・Hobui(火弊)も追随へ 9/30BTCチャイナ中国取引停止を発表~OKコイン、Houbi(火弊)も追随へ【2017/9/15追記】 9/14深夜、中国3大取引所の1つBTCチャイナ(BTCC)は、9/30に中国における取引活動を9/ […]
  • 仮想通貨は「未来のお金」になりうるのか? 私が仮想通貨を持つようになったきっかけ 私が仮想通貨をはじめたきっかけは会社の先輩から「ブロックチェーン」の話を聞いたことでした。 「とりあえずこの本を読め。ブロックチェーンの登場は、インターネットの登 […]

-イーサリアム, ビットコイン, ブロックチェーン, 取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.