「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?安全性・信頼性・危険性

投稿日:

ビットフライヤーとは?~日本最大から世界最大へ

ビットフライヤーを「日本最大の取引所」と思っている方が多いと思いますが、実は2017年9月10日時点、既にビットフライヤーは「世界最大の取引所」になっていることをご存知でしょうか?

これまでは米国のポロニエックス(Poloniex)や香港のビトレックス(Bittrex)が世界No.1の座を争っていましたが、本日(2017/9/10/9:30の直近24時間)時点、世界の仮想通貨取引の実に49.07%が日本(正確には日本円)で取引されているのです。

となると当然世界的に見ても日本の取引所のシェアがそのまま世界の仮想通貨市場のシェアになる、ということでビットフライヤーは今、世界No.1の取引量を誇っているのです。

bitFlyer

なぜ日本の仮想通貨取引がこれほど盛り上がっているのか?

これまで世界の仮想通貨取引を牽引してきた中国は、中国人民銀行(PBoC)の介入により、人民元の海外流出を制限するため、2017年2月に中国3大取引所(OKコイン、houbi、BTCチャイナ)に対し、人民元の引き出しを停止するなど、規制強化が続いています。先週には仮想通貨を使った資金調達「ICO(Initial Coin Offering)が違法」と判断され世界が注目しました。

一方の日本は、金融庁による仮想通貨法が4月から施行され従来のモノとしての扱いではなく、決済手段として認定されたことで、売買には消費税がかからなくなりました。

また日経新聞の1面やNHKで特番が組まれるなど、たびたびビットコインが取り上げられたことなども背景に、日本が世界の仮想通貨取引の中心となっているです。

マウントゴックス事件が起きた日本においては、それまでは「仮想通貨は怪しい、胡散臭い」という悪いイメージしかありませんでしたが、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のいわゆる3メガバンクをはじめ、国内の大手金融機関がこぞってビットコインの基幹システムとなっているブロックチェーンといわれる技術を研究しています。

参考記事:イーサリアムアライアンス(EEA)~トヨタ、三菱UFJフィナンシャルなど新たに86社が参加

更には2017年8月1日のビットコインの分裂は、否定的に報道されましたが、これは実際ビットコインの取引スピードを上げるバージョンアップの過程で起った前向きな分裂である、と認識され、その後も相場は上昇し続けています。

参考記事:ビットコイン初値は0.225円だった!?~BTC高騰の歴史

bitFlyer

ビットフライヤーの信頼性(1)株主が凄すぎる

2017年9月10日時点、ビットフライヤーの資本金は41億238万円。主要株主には以下のような蒼々たる企業が名を連ねています。

SMBCベンチャーキャピタル
みずほフィナンシャルグループ
三菱UFJキャピタル株式会社
第一生命
三井住友海上キャピタル株式会社
リクルートストラテジックパートナーズ
SBI投資
電通デジタルホールディングス
GMOペイメント
など

bitFlyer

ビットフライヤーの信頼性(2)社長が凄すぎる

代表取締役社長の加納裕三氏は、東京大学大学院を卒業後、ゴールドマン・サックスに入社。米国本社の開発エンジニアとして、日銀の外部システムと自社システムの連携を担当。トレーダーにあこがれBPNパリバに転職後、ゴールドマン・サックスに戻った加納氏。当時のFRB議長:ベン・バーナンキがビットコインを容認する発言をしたことで、ビットコインに未来を感じ、2014年1月にビットフライヤー(bitFlyer)を立ち上げました。

bitFlyer

ビットフライヤーの信頼性(3)アメリカに進出する

ビットフライヤーは、2017年秋に米国へ進出すると発表しています。

アメリカの仮想通貨取引所は、現在、各州での法整備が厳格化されており、大手のポロニエックスやビットレックスはワシントン州から撤退。

そんな取引所への運営規制が厳格化される中、ビットフライヤーは各州への申請許可を着実に得ており、秋以降、順次米国でのサービスを開始します。

今後、更に世界シェアを伸ばしていくことは間違いないでしょう。

ビットフライヤーの信頼性(4)時価総額の大きい仮想通貨しか扱わない

2017年9月10日時点、取り扱っている仮想通貨の種類は以下5種類です。

ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン

仮想通貨取引所としてはコインの種類は少ない数ですが、いずれも仮想通貨市場TOP10に入っている「信頼性ある仮想通貨しか扱っていない」ともいえます。

bitFlyer

ビットフライヤーの信頼性(5)B2B決済実績が凄すぎる

ビットフライヤーは取引所だけでなく、フィンテック企業として独自のプライベートブロックチェーンmiyabiを開発しています。

また「生活で使えるビットコイン」を目指し、店舗決済システム
bitWire Shopを開発。

bitWire Shop、はビットコイン決済を導入したことが大きくニュースにもなったビックカメラのビットコイン決済でも使用されている実績のある決済システムです。

bitFlyer

ビットフライヤーの信頼性(6)プロモーション戦略が凄い

唯一テレビCMをやっている取引所です。ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、イメージキャラクターには女優の成海璃子さんを採用しています。

そして何より広報:金光碧さんは仮想通貨業界でも話題の超美人。ワールドビジネスサテライトなど、数々の番組でも出演をしています。


@KanemitsuMidori

余談ですが、私が尊敬している天才:落合陽一氏もWEB番組ホウドウキョクにおいて、ビットフライヤーを愛用していることを公言していました。

bitFlyer

ビットフライヤーの安全性(1)サーキットブレーカー制度

ビットフライヤーは2017年6月12日にサーキットブレーカー制度を導入することを発表しています。

サーキットブレイカー制度とは、相場が急激に乱高下した場合、取引を一時的に停止することで、投資家の資産を守ろうという制度です。

bitFlyer

ビットフライヤーの安全性(2)日本円の不正出金に対する損害賠償

またハッカー等により日本円が不正に出金された場合、最大500万円までを補償しています。

ただし二段階認証をしておくことが条件となります。

また預かり資産が100万円未満の場合の補償額上限は、10万円です。

bitFlyer

ビットフライヤーの危険性

「絶対に安全」といいきれる取引所は残念ながらありません。国内No.1/世界No.1といっても、あの経営破たんしたマウントゴックスも当時は世界No.1の仮想通貨取引所でした。

実際フィンテック株式会社が運営している仮想通貨取引所Super bit brothersが、ビットフライヤーに預けていたビットコインを不正な方法で失ったため取引所のサービス継続ができず、「ビットフライヤー被害者の会」を立ち上げると発表(8/25)。フィンテク株式会社が主張している盗難の時期は2017年4月24日、被害総額は6,300万円です。

これに対して、ビットフライヤー側は、ツイッターで「フィンテック株式会社が盗難事件と主張される件に関しては、当社の不備によるものではございません。尚、本件について当局とも相談しながら、しかるべき対応を行っております。」と反論。

どちらの主張が正しいのかは、現時点では分かりませんが、1つ言えることは、投資は自己責任であり、仮想通貨に関してはどこの取引所を使うかの判断が極めて重要である、ということです。

本サイトでは、これから仮想通貨を始めるという初心者の方には「bitFlyer」と「コインチェック」しかおススメしていません。

まずは数万円レベルの投資から、仮想通貨やブロックチェーンを肌で感じてみてはいかがでしょうか?



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.