ビットコインゴールド・イーサリアム・リップルの最新動向/ブロックチェーンを分かりやすく徹底解説

仮想通貨ラボ

最新ランキング

仮想通貨の歴史

更新日:

仮想通貨はどうやって誕生した?

仮想通貨の概念がはじめて発表されたのは2008年10月。

Satoshi Nakamoto(中本哲史)という日本人名を名乗る謎の個人もしくは組織・団体によって2008年に11ページにおよぶ論文がインターネット上に公開されました。

それは「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」というタイトルの論文でした。それは、こんな書き出しから始まります。

概要 真の P2P 電子通貨が実現すると、金融機関の介在無しに、利用者から 利用者へと直接オンラインで支払いできるようになるだろう。

既存の「銀行介在」を中心とした取引を利用者同士の直接取引にすることで、手数料をきわめて低コストにすることができる……既存の金融システムのアンチテーゼとして仮想通貨は生まれた、といっても過言ではないでしょう。

最初の仮想通貨、ビットコインが運用スタート

この論文発表の翌年2009年1月から、ビットコインは実際に運用フェーズに入りました。

オープンソース(ネット上で世界中の人が開発に参加する無料のプログラム)で開発されたビットコインが、独自の取引承認システム「マイニング」によってコインの発行を開始したのです。

仮想通貨ってお金なの?において、「金」こそ不変の価値がある。お金は当初、実際の金を使った金貨だった。という話をしました。

金を「採掘する(英語で”mine”)」ことで金貨が鋳造されていたことから、この「マイニング」という名が付けられたのです。

ビットコインのプログラムは、今もマイニングを通じてコインの発行をしています。そして2017年1月時点、ビットコインの時価総額は約1.7兆円にも上っているのです。

ビットコインの誕生後、次々と新しい仮想通貨が生まれました。

  • ライトコイン:2014年1月~
  • リップル:2014年8月~
  • イーサリアム:2015年7月30日~

現在最も発行量の多いビットコインは、2,100万枚を上限に発行が終わる仕組みになっており、2140年頃にはマイニングが終了するだろうと予測されています。

この先どうなっていくのか

この先、仮想通貨が衰退するのか、爆発的に普及するのか、それは誰にも分りません。ただ筆者は後者になる可能性が高いだろうと予測しています。

そしてその動きは意外に思われるかもしれませんが、アメリカや日本、EUといった先進国主導ではなく、アフリカや東南アジアなど、いわゆる開発途上国で急速な普及を見せるのではないかと考えています。その理由はあらためてお伝えしますね。

今後も仮想通貨の動向に注目していきましょう。

次のページ:マウントゴックス事件



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-最新ランキング

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.