「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

アルトコイン ビットコイン

仮想通貨ビットコインは4種に分裂へ~10/25にビットコインゴールド、11/19にSegWit2Xが誕生へ

更新日:

ビットコイン4種(BTC/BCH/BTG/B2X)を徹底比較

本日時点で噂されている4種類とは、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)ビットコインゴールド(BTG)、ビットコインSegWit2X(B2X)。

それぞれの単位(略称)、誕生日(誕生予定日)、生みの親(首謀者?)を以下の表にまとめてみた。

 

なぜ分裂するのか?

ビットコインが分裂する理由については、ビットコインはなぜ分裂を繰り返すのか?に詳しく記載しているが、一言でいうと、ビットコインに人気が集まることで顕在化した「決済スピードが遅くなる問題(スケーラビリティ問題)」を解決するための改善案(Bitcoin Improvement Proposal/BIP)をめぐって、コア開発者・マイナー・取引所・ユーザーの意見がおりあわないからです。

特に世界最大のマイニング工場:ビットメインはシステム変更によりマイニング専用マシンの有効性が失われるため、SegWitという取引データを圧縮する改善案に大反対。同社の共同創業者:ジハン・ウー氏がビットコインキャッシュを8/1に誕生させたのです。

ビットコイン上昇は10/25ビットコインゴールド分裂への期待からか!?

ビットコインゴールド(BTG)とは?でも紹介している通り、香港のマイニング企業:ライトニングエーシック(LightningASIC)は、10/25にビットコインゴールドをリリースすると発表。

本日10/11早朝時点ビットコイン相場は、54万円前後の過去最高水準で取引されています。

8/1にビットコインキャッシュが誕生したときと同様、取引所によっては、分裂前に所有しているビットコインと同量のビットコインゴールドが配布されると想定されており、これまで仮想通貨を持っていなかった層があらたにビットコイン購入に走っていることも要因ではないかと思われます。

ビットコインキャッシュを例にとると、8/1時点1BTC(当時:32万円前後)をもっていると、1BCHが付与されたわけで、本日時点1BCHは、36,000円前後で取引されているので、所有額の実に10%以上の新しいコインがもれなく付与された、という形になっています。

そういった意味では、まだビットコインをもっていない人は10/25分裂前に買っておく、という判断もありかもしれません。ただ分裂前は相場が乱高下します。くれぐれも自己判断でお願いします。

11/19のビットコインSegWit2Xは超危険

11/19には第4の分裂が予定されています。

この経緯については、スケーラビリティ問題とBIP改善案(Segwit2Xなど)で詳しく記載していますが、技術的に極めて危険ではないかという注意喚起が世界中で巻き起こっています。

開発者がたった1人(ジャフ・ガージク)であるということと、もう1つはビットコインからの分裂ではなく、ビットコインがビットコインSegWit2Xになってしまうかもしれない、という可能性がゼロではないことです。

このSegWit2Xは、2017年5月ニューヨークで合意されたことがきっかけとなっていますが、個人的にはアメリカ勢がビットコインを支配しようとしているような動きにすら感じています。

ビットコインSegWit2X(B2X)がビットコインキャッシュやビットコインゴールドと同様、アルトコインとして扱われるなら問題ありませんが、もしビットコインがB2Xになるとなると、ビットコインの価値が突然半分以下に落ちてしまう可能性があるのです。

ビットコインATMを扱っているアトランタにあるブロックチェーン企業:Coinfuciusは、B2Xを本流のビットコインとして扱うことを表明しており、ビットコインはサポートしないことを発表しています。

ちなみに5月のニューヨーク合意(NYA)に合意した取引所として、世界約50の取引所の名前が挙がっていますが、日本の取引所としてビットフライヤーがあります。B2Xを入手したいならビットフライヤーでビットコインをもっておけばもらえる可能性が高そうです。

B2Xは、マイナーからの指示は本日時点94%を越えているといわれており、分裂する可能性は極めて高そうです。問題は、B2Xが新しいアルトコインとして取り扱われるのか、ビットコインに代わるものとなるのかです。

分裂予告まであと1か月、この点は世界中で大きな議論を巻き起こすでしょう。



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-アルトコイン, ビットコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.