ビットコインゴールド・イーサリアム・リップルの最新動向/ブロックチェーンを分かりやすく徹底解説

仮想通貨ラボ

アルトコイン ビットコイン

セグウィット2X中止~ビットコイン100万円へ!

投稿日:

コインデスクがセグウィット2X中止と報道

segeit_called_off

仮想通貨ビットコインのこれからに暗い影を落としていた分裂(もしくはバージョンアップ)騒動:セグウィット2X(Segwit2X)が中止になった、とアメリカの仮想通貨大手メディア:コインデスクが報じました。

コインデスクの報道を受け、日本経済新聞の電子版も報じています。

開発者が1人で、安全面での不安が非常に大きかったセグウィット2X(Segwit2X)だけに、今(2017年11月9日早朝)からビットコインを中心に仮想通貨は大きな上昇相場に入るのでは?と予測しています。

ビットコイン分裂騒動の経緯

スケーラビリティ問題

本サイトでは何度も取り上げている通り、ビットコインは登場以来、取引スピードが遅いという問題(スケーラビリティ問題)を抱えてきました。

この問題を解決するために、コア開発者・マイナー・取引所・私たちユーザーは、様々な改善案を出してきました。

ブロックチェーンは中央集権でないことが強みでもあり、弱みでもあるという象徴的なこのスケーラビリティ問題。

最初の分裂が起こったのは、2017年8月1日です。

ジハン・ウー氏によるビットコインキャッシュの誕生

ジハン・ウー

ビットコインマイニングにおいて世界7割以上のシェアを誇る中国人マイナー:ジハン・ウー氏が、取引量に応じてビットコインのブロックサイズを可変にするビットコインキャッシュ(BCH/BCC)を誕生させました。

2009年に誕生したビットコインは、誕生から8年で最初の分裂を迎えてしまったのです。

分裂直後は批判的な認識が広まる中、ジハン氏およびビットコインジーザスとしても有名なロジャー・バー氏による積極的・継続的な啓蒙活動により、今朝(2017年11月9日)時点、ビットコインキャッシュは72,000円前後で取引されています。

投資家の中には、ビットコイン以上に高いボラティリティを期待している人が増えているのも事実です。

マイニング独占にNoを突き付けたビットコインゴールド

ビットコインゴールド

ビットコインキャッシュの誕生からわずか2か月と3週間。今度は香港のマイニング企業:ライトニングエーシック(LightningASIC)が、ビットコインゴールドをリリースしました。

前述した通り、ビットコインのマイニングが中国企業(ジハン・ウー氏のビットメイン社など)に独占されている状態に対し、個人でもマイニングができる新たな分岐を行いました

これによって誕生したのが、第3のビットコイン:ビットコインゴールド(BTG)です。

セグウィット2X(Segwit2X)とは?

セグウィット2X

第4の分裂として11/16にセグウィット2X(Segwit2X:B2X)が予定されていたのですが、この分裂は危険だらけでした。

話の発端は、2017年5月ニューヨークで行われた会合において、スケーラビリティ問題の解決として、まずセグウィットという取引のデータサイズを圧縮する技術を採用。その後3か月以内に、取引を入れる箱(ブロックサイズ)を2倍にする、という案が提示されました。

セグウィットは賛成多数で9月に元祖ビットコインに無事搭載されました。

しかしセグウィット2Xは、開発者がたった1人(ジャフ・ガージク氏)であることに加え、リプレイプロテクションという二重使用を防止する機能が搭載されていないのではないか、と噂されるほど信頼性の低いものでした。

世界中の仮想通貨関係者からは、セグウィット2Xが分岐したり、最悪ビットコイン自体がセグウィット2Xにバージョンアップしたら、仮想通貨の信頼性は完全に崩壊する、と危惧する声が広がっていたのです。

セグウィット2X中止~ビットコイン100万円へ!

仮想通貨ビットコイン相場の上昇

このように危険だらけだったSegwit2Xですが、今朝米国の大手仮想通貨専門メディア:コインデスクがセグウィット2Xは中止されたと発表しました。

セグウィット2Xへの分裂計画を主導していたマイク・ペルシェ氏らが、マイナーで分裂を支持しているのが30%程度に過ぎず、分裂に関する合意形成ができたとは言いがたい、との声明を発表。

分裂の必要性は信じているとしながらも、今回はビットコイン生態系を統一した状態にしておくことのほうが大切と判断した、と報じています。

日経新聞の記事では分裂中止で失望売りがでている、としていますが、実態は逆になるだろうと予測しています。

前述の通り、セグウィット2Xはセキュリティ面で不安だらけだったため、これが回避されたというニュースはむしろ、好意的に受け止められる可能性のほうが高そうです。

セグウィット2Xというこれだけ大きな爆弾を抱えていたにも関わらず、ビットコインは上昇を続けてきました。

1か月前の10/9が1BTC=53万円、今朝時点が85万円ですから、わずか1か月で60%も爆謄しています。

個人的にはセグウィット2X中止で、1BTC=100万円超えが2017年内にも達成するのではないかと思っています。

ビットコイン先物が世界各地で上場を開始しており、来年早々にはビットコインETFも承認させる可能性があります。

「仮想通貨はバブルだ」という人はずっと言い続けるのです。その間、ビットコインがどれだけ上昇したのでしょう?

当然未来の相場は誰にも分かりません。彼らは暴落したときに「だから言っただろ」というのです。

年末年始に向け、今朝のセグウィット2X中止とビットコイン先物の増加、ビットコインETFへの期待は相当好材料が揃った、といえると思います。

もし仮想通貨が気になるのなら、1万円からでも投資してみてはいかがでしょうか?取引所はコインチェックがおすすめです。

なお、もし2017年の1年間における売買益が20万円以上儲かった場合は確定申告が必須となります。詳しくは【ビットコインの確定申告】複数の取引所でアルトコインも売買しすぎて発狂寸前!!をご覧ください。



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-アルトコイン, ビットコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.