「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

ビットコイン 関連ニュース

ビットコイン売買により日本のGDPが上昇!?~野村証券アナリストが言及

投稿日:

ビットコイン売買により日本のGDPが上昇!?

米国の大手仮想通貨メディア:クリプトカレンシーニュース(CCN)が1/1、「ビットコイン売買により日本のGDPがブースト(急上昇)するかもしれない」と報じました。

2017年のビットコインの驚くべきパフォーマンスは、日本のみならず世界の主要仮想通貨先進国のGDPをあげるだろうと記事は伝えており、その中でも特に、世界の4~5割を占める日本について詳しく触れています。

野村証券アナリスト~仮想通貨投資によるGDP上昇は+0.3%

野村証券のアナリスト(西門義之氏と宮本和樹氏)は、2017年度において、実に+0.3%のGDP上昇がビットコインをはじめとする仮想通貨売買によってもたらされる、発言しました。

「資産の上昇は時に、“富の効果”として知られる消費の拡大に起因する。2017年度日本の仮想通貨投資家たちによるビットコイン取引には、この“富の効果”があると考えており、その額は232〜960億円と見積もっている。

100万人の日本人が370万BTCを保有しており、過剰取引されている。この資産効果はさらなる仮想通貨への投資を加速させ、日本のGDP成長に0.3%追加することが可能だ」

と伝えてます。

2018年も加速するであろう仮想通貨投資

2017年12月には一時230万円まで急上昇したビットコイン。大晦日から元旦にかけては160万円前後の落ち着いた動きとなっています。

一方、ビットコイン以外の仮想通貨においては、リップル(XRP)の価格が3日で2.5倍と高騰。イーサリアムを抜きさり、世界2位の時価総額へと急成長しています。

2018年もビットコインをはじめとする仮想通貨は、大きな乱高下を繰り返しながらその市場規模をますます拡大していくだろうと予測しています。

はじめてビットコンを買うなら、利用者数・取扱仮想通貨の種類No.1のコインチェックがオススメです。アプリは手数料が高いため、まずはリンク先でメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成してみてください。



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年12月 100万円

2017年12月 100万円



2016年12月  100万円(10BTC)

2017年12月 1750万円(10BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

-ビットコイン, 関連ニュース

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.