「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

関連ニュース 取引所

マウントゴックス事件

更新日:

仮想通貨が「怪しい」と思われる理由

仮想通貨に対しては、多くの方が「怪しいもの」「危険なもの」というイメージをお持ちなのではないでしょうか?

というのも、日本で「仮想通貨」や「ビットコイン」が一気に知名度を上げたのが、2014年に起きたマウントゴックス(株式会社MTGOX/Mt.Gox)の経営破綻だったからではないか、と個人的には考えています。

報道当初、ビットコインの取引所であったマウントゴックスの社長:マルク・カルプレス氏は「ビットコインが何者かに奪われた可能性が高い」と発言したことから、"ビットコインって何?"、"仮想通貨って何?”という話題から、「やっぱり、こういったインターネット上の通貨なんて、安全性が低いのね」というネガティブなイメージが広くついてしまいました。

マウントゴックス事件の真相

しかし実際のところはビットコイン自体に問題があったわけでないのです。

「カルプレス氏みずからが約28億円相当のビットコインを横領していた」というのが事の顛末でした。

これをきっかけにマウントゴックスは経営破綻となってしまったのです。

今この記事を読んでいる方の中には、「これから仮想通貨をやってみようと思うけど、本当に大丈夫なの?」と不安に思っている方も多いかと思います。

しかし、仮想通貨の信頼の基幹技術「ブロックチェーン」は仮想通貨に限らずインターネット自体に「信頼」の革命をもたらすと期待されています。

仮想通貨をはじめるにあたって注意すべきこと

仮想通貨の信頼性を盲信することは危険ですが、ビットコインの誕生から8年たった現時点まで仮想通貨の安全性そのものが問題になったケースは殆どない反面、取引所がサイバー攻撃を受けるなどの事象は引き続き発生しています。

私たちが懸念すべきは、「仮想通貨自体の信頼性」ではなく「どこの取引所を使うのか」ということなのかもしれません。



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-関連ニュース, 取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.