「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

関連ニュース 取引所

中国3大ビットコイン取引所、引き出しを停止

更新日:

中国の中央銀行が圧力を強化

本日2017年2月10日、中国の主要3つのビットコイン取引所において、人民元での引き出しが停止されているようです。

背景には、中国の中央銀行:中国人民銀行が仮想通貨を通じて中国から資本が流入するのを阻止する狙いがあるようで、各取引所に介入しているものと思われます。

中国のビットコイン3大取引所って?

中国のビットコイン3大取引所とは、以下3つを指します。

BTCチャイナ/比特幣中国(btcc.com)

BTCCのロゴ

OKCoin/幣行(w.okcoin.cn)

OKCoinのロゴ

houbi/火幣網(huobi.com)

いずれのサイトも日本語には非対応ですが、bitbankを通じて「OKCoin(USドル)」上の取引は可能です。

72時間の審査後に引き出し可能に?

BTCチャイナは、72時間の審査を行うとしています。OKCoin と houbi(火幣)も引き出しを停止していますが、同様に近く引き出しが可能になるという楽観的な見方の方が強いようです。

(人民元とビットコインの交換、人民元によるビットコインの購入は現在も可能です。)

いずれも人民銀行の要請に応じた措置と思われますが、世界のビットコインの90%以上を占める中国での動きだけに、値動きにも以下の通り大きな影響を及ぼしています。

中国人民銀行は8日に北京で開催した会合で、9つの取引所に対し、外国為替簡易とマネーロンダリング(資金洗浄)、決済に関する規定に抵触する取引所を閉鎖すると発表しており、ビットコイン関連の監視を強化しています。

先日、日本でもビットコインでマネーロンダリング(資金洗浄)をした男が逮捕される初の事例もでており、各国ともに仮想通貨に対する法整備が整っていない状況が浮き彫りになっているように感じます。

ビットコインやブロックチェーンが健全に発展していくことを祈って止まない筆者としては残念な話です。

中国3大取引所の続報は、あらためて本サイトで報告いたします。

ビットコインほど少額でグローバル経済を身近に感じられるものはないかもしれませんね。

今すぐビットコインをもってみたい、という方は一番安全な取引所であるbitFlyerがオススメです。

 



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-関連ニュース, 取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.