「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

関連ニュース

世界初!ジョージア政府がブロックチェーンを導入

投稿日:

ジョージア共和国とは?

みなさんジョージア共和国はご存知でしょうか?2015年4月まではグルジア共和国と呼ばれていた東ヨーロッパの国です。

ジョージア共和国政府は2月7日、ブロックチェーンを活用したシステムを様々な分野で活用することを発表しました。

昨年から始まったブロックチェーンを使った土地登記

ジョージア政府は2016年4月にブロックチェーン関連企業、Bitfury Groupと共同で、ブロックチェーンを使って土地を登記する取り組みを世界に先駆け進めてきていました。

ブロックチェーン最大の特徴の1つである「外部の第3者による監視」で透明性を高め監査を可能にすることも狙いでした。

既に20数件の土地登記の実績があるとのことで、今後は土地の購入時や売却時の登録、抵当権の設定や公職制度の運用でもブロックチェーンを活用していくという。

土地登記にブロックチェーンを活用する動きはこれまでも、スウェーデンやホンジュラスでも導入実績があるそうです。

スウェーデン政府も土地登記へのBC導入実験を継続中

スウェーデン政府も昨年ごろから土地の登記において、ブロックチェーンの研究、実験を積極的に進めています。

ブロックチェーン・スタートアップのクローマウェイ(ChromaWay)、コンサル会社のカイロス・フューチャー(Kairos Future)、電気通信業者のテリア(Telia)と共同で、従来の紙による手続きとイーサリアム・プロジェクトに代表されるスマートコントラクトを活用した手続きの比較を進めています。

不動産業界では土地売買にかかわる詐欺(レンタル詐欺など)が世界的に跡と立たず、政府としてはブロックチェーンの複数の第三者による監視で透明性を高め、手続きのスピード化で不動産市場の活性化も期待していると思われます。

今後も政府がブロックチェーンやスマートコントラクトを積極的に活用していく事例は増えていくかもしれませんね。

 

 

 



まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年10月 100万円

2017年10月 100万円



2016年10月  100万円(1.538BTC)

2017年10月 1,000万円(1.538BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁も認可~信頼と実績の仮想通貨取引所ランキング

【必読・注意】
アプリでは指値取引ができないため手数料が高めとなります。各リンク先ではアプリダウンロードではなく、必ず「メールアドレス」と「パスワード」の登録をしてください。

コインチェックの信頼・実績に詳しい記事はこちら

Zaifの信頼・実績に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの信頼・実績に詳しい記事はこちら

【今おすすめの記事】

関連記事はこちら

-関連ニュース

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.