仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

ブロックチェーン

仮想通貨を学ぶオススメ本「ブロックチェーン・レボリューション」

更新日:

本サイト立ち上げのきっかけになった一冊の本

著者が本サイトを立ち上げるきっかになったのは、一冊の本との出会いからでした。

その本とは、2016年12月2日にダイヤモンド社から出版された書籍「ブロックチェーン・レボリューション」です。

ブロックチェーンはおろか、ビットコインすら持ったことのなかった私は、この書籍と出会い、仮想通貨やブロックチェーンがおよぼす将来に衝撃を受けました。

仮想通貨を学ぶ上で是非お勧めしたい一冊です。

「信頼のプロトコル」

インターネットの登場で世界がいかに変わったかを改めて説明する必要はないでしょうが、例をあげるとすると、こんなことでしょうか?

  • あらゆるものが24時間365日、アマゾンで購入できるようになった
  • 手紙や電話より簡単で早いコミュニケーションが生まれた
  • 本・漫画・雑誌・映像などあらゆるコンテンツが家にいながらいつでも手に入るようになった

……他にも挙げればきりがないですが、このたった20年で私たちの生活はこんなに変わったのです。

「ブロックチェーン・レボリューション」の第1章「信頼のプロトコル」にはこんな一文がありました。

従来の「情報のインターネット」に対して、ブロックチェーンは「価値とお金のインターネット」だといえるだろう。

「お金のインターネット化が急速に進み、スマートフォンがATMになる」…そんな未来がすぐそこに近づいているように感じられました。

 

金融界の大物もブロックチェーンに注目

本書には、金融界の大物たちもブロックチェーンに注目している記述がありました。

  • ニューヨーク金融サービス局の局長が、自らの地位を捨ててブロックチェーン技術のアドバイザリーを専門とする会社を立ち上げた。
  • JPモルガンで投資銀行部門のCFOやグローバル・コモディティーズ部長を歴任した人物がブロックチェーン技術にフォーカスしたスタートアップを立ち上げた。

ブロックチェーンの技術的な側面から理解できなかった私でも、それを信頼するには十分な情報でした。

ビットコインの高騰から見える世界経済の未来

同書を読んでいる最中、ビットコインは高騰を続けていました。

主な要因は中国の元安。自国通貨への不安から中国人がビットコインを「爆買い」していたのです。

過去を振り返ればギリシャのあおりを受けたキプロス危機でもビットコインは高騰しています。

そして、同書が何度も触れたのは「世界には銀行口座すら持てない人が50億人もいる」という記述でした。

世界には銀行口座を持っていない人の方が圧倒的に多いのです。

しかし彼らはスマートフォンは持っている……この事実が何を引き起こすのか、世界の政治や経済にド素人の私でも想像することは難しくありませんでした。

「ネットでそんなことやったら危険でしょ!」という私たちのこれまでの常識を、この信頼のプロトコル:ブロックチェーンは次々に打ち破っていくかもしれないのです。

宜しければ是非皆さんもこの一冊を読んでみてください。

 

 

--------------------------

ビットコインやリップルなどの仮想通貨をはじめるなら… 累計1,000人以上に取引所の口座開設をご紹介してきた本サイトで人気の取引所TOP5はこちらです(いずれも金融庁登録の取引所です)。

第1位:DMMビットコイン
dmm_bitcoin
DMMビットコインで口座を開設する


第2位:ビットトレード
bittrade
ビットトレードで口座を開設する


第3位:GMOコイン
gmo_coin
GMOコインで口座を開設する


第4位:ビットバンク
bitbank
ビットバンクで口座を開設する


第5位:ビットポイント
bitpoint
ビットポイントで口座を開設する




【今おすすめの記事】

-ブロックチェーン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.