「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

ブロックチェーン

Jコインとは?~みずほ・ゆうちょ・地銀連合の仮想通貨

更新日:

Jコインとは?~みずほ・ゆうちょ・地銀連合の仮想通貨

みずほフィナンシャルグループ、ゆうちょ銀行、その他70の地銀が共同で、日本円にペッグした仮想通貨Jコインを扱う新会社を設立すると発表。

銀行の預金口座とつなぎ、個人や企業間の決済に利用できるようにする。

決済サービスにおいては、中国アリババによる支付宝(アリペイ)や、米国アップルによるアップルペイが広がっており、日本の金融機関連合で対抗する狙い。

メガバンクでは三菱東京UFJ銀行が2018年春にMUFGコインの発行を予定しており、メガバンクがブロックチェーンを活用した新たな金融サービスの競争が激化していきそうだ。

Jコイン~専用アプリで2020年までにはサービス開始か

構想では、コインチェックビットフライヤーに代表されるような仮想通貨専用アプリを通じて、店頭やインターネットでの支払いに利用できるようなイメージ。

ビットコインなど、既存の仮想通貨との最大の違いは日本円に固定される、という点。これはライバルのMUFGコインも同様だ。

2020年までにはサービスを開始する構想。

みずほフィナンシャルグループは2017年9月に、ゆうちょ銀行のほか、横浜銀行、静岡銀行、福岡銀行をはじめとする地銀70行、IT企業が参加する準備会合を開いた。

Jコインの狙いとは?

Jコインの狙いはビッグデータの収集とATM関連のコストカットと報じられています。

Jコインが普及すれば、利用者の買い物や送金履歴を蓄積できる。参加企業はこれらのビッグデータを活用して、新たな商品開発や価格戦略に活かそうという狙いがあるものと考えられる。

また年間1兆円にも上っているATM維持費を下げる狙いもある。

日銀によると2016年度の電子マネー決済総額が約5兆円で、前年比+10%の伸びを示している。世界の決済市場は前述のアップルペイや支付宝(アリペイ)が大きく伸ばしており、みずほフィナンシャルグループをはじめとするメガバンクは各社ブロックチェーンによる新たな決済システムの構築を急いでいる。

SBIリップルの内外為替一元コンソーシアムとの関連は?

今回の報道を受け、本サイトで7/14付けのSBIホールディングス北尾氏やリップル(XRP)は日本・世界の銀行に革命を起こすのか?の記事を思い起こしました。

この記事の中では、SBIホールディングスが、2016年秋にアメリカのフィンテックベンチャーであり仮想通貨XRPの発行元であるリップル社と立ち上げた合弁会社SBIリップルが中心となるブロックチェーン分散台帳技術を活用する内外為替一元コンソーシアムについて取り上げました。

このコンソーシアムには、日本を代表する金融機関61行(2017/7/14時点)が参加しているのですが、その中に今回のJコイン参画に名前があがった、みずほフィナンシャルグループ、ゆうちょ銀行、横浜銀行も入っています。

三菱東京UFJ銀行がMUFGコインで先行する中、みずほフィナンシャル銀行は、ゆうちょ銀行や地銀を巻き込み、これに対応しているかのようにも感じます。

ブロックチェーンがお金の歴史を変える?

ビットコインは怪しい…そんな認識をもっている日本人はいまだに多いと思います。

しかし本サイトで繰り返しお伝えしていることとして、ビットコインの基幹システムとなっているブロックチェーンは世界中の金融機関が研究を進めてきており、世界の金融は大きく変化しようとしている、ということです。

お金の将来の姿…その1つがビットコインであり、仮想通貨だと思っています。

この記事を書いている2017/9/18時点、ビットコインは1BTC=約44万円で取引されていますが、購入は0.001BTCから可能です。すなわち440円くらいから入手できるのです。
【2017/12/28追記】本日時点、1BTC=約180万円で取引されています。わずか3か月ちょっとで4倍以上の急騰です。

2018年はどうなるのか?以下の記事も是非参考にしてみてください。

仮想通貨~今後の予想(2018年10大ニュースで占う市場と相場)

ビットコインをはじめて購入される方は、利用者数・取扱仮想通貨の種類No.1のコインチェックがオススメです。アプリは手数料が高いため、まずはリンク先でメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成してみてください。

金融庁登録の信頼・マイナス手数料・ビットコイン積立… 本サイトで一番人気の仮想通貨取引所:ザイフの登録はこちら↓


まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年12月 100万円

2017年12月 100万円



2016年12月  100万円(10BTC)

2017年12月 2200万円(10BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁認可!仮想通貨取引所ランキング

Zaifの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

GMOコインの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

コインエクスチェンジの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら



【今おすすめの記事】

-ブロックチェーン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.