仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

イーサリアム ビットコイン ブロックチェーン 関連ニュース

ブロックチェーン・トレカ(仮称)が登場~イーサリアムで発行・管理・運用

更新日:

2017年11月トレーディングカードがデジタルアセットに!

本サイトではブロックチェーンの凄さは、「価値と信頼の移動だ」という話を繰り返ししてきました。参考:仮想通貨を学ぶオススメ本「ブロックチェーン・レボリューション」

本日、IT企業のアエリアとブロックチェーン企業のコンセンサス・ベイスは、まさにブロックチェーンの代名詞ともいえる「価値と信頼の移動」を実現するサービスを発表しました

それがデジタルトレーディングカード「ブロックチェーン・トレカ(仮称)」です。

トレーディングカード市場の現状

2011年度のトレカ国内市場規模は1,000億円を突破。デジタルトレーディングの世界市場規模は1,400億円にも上

っている。

トレカはカードゲームの対戦に使用するだけでなく、「レアカード」といわれる希少価値の高いカードを収集・交換することが大きな特徴です。

現状デジタルトレーディングは、ゲーム会社のサーバーで管理されていますが、ここには3つの問題点がある、とアエリアは指摘しています。

(1)ゲームがサービス終了するとカードも価値がなくなってしまう

(2)希少価値があるとはいえ、客観的な発行枚数は不明である

(3)同じカードであれば区別がない

これらの問題を解決するために、従来のサーバーによる管理でなく、ブロックチェーンによる管理を開始するという(たぶん)世界初の試みが行われようとしています。

アエリアのリリースによると、「ブロックチェーン・トレカ」は2017年11月以降、DYNAMIC CHORDや、その他アエリアグループ会社のキャラクターでリリース予定としており、「ブロックチェーン・トレカ」はサービス名称というよりは、プラットフォームとして機能していくように感じられます。

決済はBTC/ETHとクレジットカード~ICOも予定

カードの購入には、ビットコインイーサリアム、クレジットカードが予定されており、何より注目なのが、「ブロックチェーン・トレカ(仮称)」のデジタルトレーディングカードの流通を促進し、かつオンラインゲームの共通通貨として利用されるようなゲーム通貨のICOも視野に入れ事業展開していきます、という記載です。

国内のICOでは、テックビューロ社によるCOMSAが注目を集めていますが、中国や韓国の当局は「ICOは違法」と判断しており、動向が注目されています。

従来ICOは資金調達の色合いが強く出ていましたが、今回の「ブロックチェーン・トレカ(仮称)」はトレーディングカードというサービスにより連携しているように感じられ、個人的には好感をもっています。

あのマウントゴックスも、もとは世界でも最も人気があるトレカの1つ「マジック・ザ・ギャザリング」のオンライン取引所だった、ということもあり、仮想通貨とトレーディングカードの愛称は抜群だと思っています。

今後も本サービスの動向は本サイトでも追いかけていきたいと思います。

--------------------------

ビットコインやリップルなどの仮想通貨をはじめるなら… 累計1,000人以上に取引所の口座開設をご紹介してきた本サイトで人気の取引所TOP5はこちらです(いずれも金融庁登録の取引所です)。

第1位:DMMビットコイン
dmm_bitcoin
DMMビットコインで口座を開設する


第2位:ビットトレード
bittrade
ビットトレードで口座を開設する


第3位:GMOコイン
gmo_coin
GMOコインで口座を開設する


第4位:ビットバンク
bitbank
ビットバンクで口座を開設する


第5位:ビットポイント
bitpoint
ビットポイントで口座を開設する




【今おすすめの記事】

-イーサリアム, ビットコイン, ブロックチェーン, 関連ニュース

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.