仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

アルトコイン

仮想通貨POE (ポーエット) Po.etとは?

更新日:

仮想通貨POE (ポーエット) Po.etとは?

Po.etは、2017年7月に誕生した世界中のデジタルコンテンツの権利や所有権、著作権をブロックチェーンで管理、追跡可能とするプロジェクトです。

例えば、ブロガーがオリジナリティの高いブログを公開したとします。

国内外の他のブロガーがそれらをコピーしたり頒布することで現著作者の著作権や所有権が侵害されると、デジタルコンテンツ市場の健全な育成になりませんよね?

そこで仮想通貨POE (ポーエット) Po.etの登場です。

著作権や所有権を証明するスタンプ技術とブロックチェーンの技術を使って、原著作者がコンテンツの悪用がないか追跡をしたり、適切なライセンス先に適切な形でライセンス提供が行われているかを管理することができるのです。

仮想通貨POE(ポーエット)の相場と市場規模

仮想通貨POE(ポーエット)は、本日時点(2017/12/31)13円前後で取引されています。チャートをみると2017/12/2から大きく上昇しているのが分かります。

市場規模は、本日時点2.31億ドル、日本円で約261億円となっており、この規模は、1000種類以上の仮想通貨のチャートを紹介しているCoinCapによると88位となっています。

仮想通貨POE(ポーエット)を買える取引所

POEを買うのであれば世界最大の取引所であるバイナンスがオススメです。

日本語にも対応しており、手数料が基本0.1%とかなりお安くなっています。
ただし日本円での売買ができず、ビットコイン(BTC)もしくはイーサリアム(EHT)が基軸通貨となっています。

まずはコインチェックでビットコインかイーサリアムを購入してからバイナンスへ送金することが必要になります。

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスとは?~分裂ラッシュのビットコインと85種のアルトコイン青田買いで「億り人」続出中!

金融庁登録の信頼・マイナス手数料・ビットコイン積立… 本サイトで一番人気の仮想通貨取引所:ザイフの登録はこちら↓


まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年12月 100万円

2017年12月 100万円



2016年12月  100万円(10BTC)

2017年12月 2200万円(10BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁認可!仮想通貨取引所ランキング

Zaifの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

GMOコインの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

コインエクスチェンジの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら



【今おすすめの記事】

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.