仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

ビットコイン

ビットコイン相場「4年連続で1月は暴落」下落の理由に迫る

投稿日:

2018年1月17日、過去最大級の下落

2018年1月17日、ビットコイン(BTC)は一時100万円を割り、誕生以来、過去最大の下落を記録しました。影響はビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)にも波及。仮想通貨全面安の展開となりました。

これを受けツィッターでは仮想通貨投資家による阿鼻叫喚が続々と投稿されています。そしてこれらの悲鳴とあわせ、1つのキーワードが浮上してきました。

それは「1月暴落」説です。

ジャニュアリー・ディップ(January Dip)とは?

「1月は大暴落する」という都市伝説のようなこのキーワードを調べていくと、新たなキーワードを発見しました。

それは「ジャニュアリー・ディップ(1月の下落)」

ビットコインは、3年連続で1月に暴落している、というのです。

株式や為替の世界には、似たような言葉として「ジャニュアリー・エフェクト(1月効果)」という言葉があります。

仮想通貨とは逆に、投資の世界では「1月は上昇する」というアノマリー(根拠はないが比較的あたりやすい法則)があるのです。

株式は上昇するのに、何故、仮想通貨は下落するのか?

「ジャニュアリー・ディップ」の真相を探るべく、過去のBTC相場を詳しく振り返ってみました。

「1月下落の歴史」は4年連続へ

確定申告の対策に抜群の威力を発揮しているコインチェックの終値一覧

これを使って、2014年11月~昨日(2018年1月17日)までの推移について、月別の変動率を調査してみました。

以下がその結果です。

ご覧いただいた通り、1月は確かに下落しており、今月が下落での着地となると、2014年からの実に「4年連続で1月は下落」という結果になるのです。。

※コインチェックの終値一覧にはありませんでしたが、ビットコインが誕生した2009年1月3日からも別途調査をいたしましたが、2009年~2013年までの5年間は、いずれも上昇に転じておりました。

何故1月は下落しているのか?

ここで仮想通貨相場を急落させた2015年~今回2018年までの下落要因を各年代別に振り返っておこうと思います。

【2015年1月の下落理由】ビットスタンプ、6億円ハッキング

2015年1月4日、ヨーロッパ最大の取引所ビットスタンプ(Bitstamp/英国)がハッキングを受けたのです。被害額は実に500万ドル、当時のレートで約6億円にも及びました。

これにより2015年1月1日38,610円だった相場は、1月31日には27,220円まで下落したのです。

【2016年1月の下落理由】マイク・ハーン氏「BTCは失敗だった」

この時期からビットコインの潜在的な問題:スケーラビリティ問題が顕在化してきました。

事実、2015年末~2016年頭にかけては、「Bitcoin XT」「Bitcoin Unlimited」「Bitcoin Classic」などが次々に発表されています。

そして2016年1月15日、コア開発者の1人だった英国人:マイク・ハーン氏が「ビットコインは失敗だった」と発言したのです。

これにより2016年1月1日51,857円だった相場は、1月31日には46,004円まで下落したのです。

【2017年1月の下落理由】中国人民銀行が3大取引所を呼び出し

2017年1月5日、中国の中央銀行:中国人民銀行は、中国3大取引所(BTCチャイナ、Houbi、OKコイン)を呼び出し、加熱する仮想通貨投資に警告を出したのです。

当時、世界の仮想通貨取引の9割以上を中国が占めており、その影響は世界に波及しました。

これにより2017年1月1日117,353円だった相場は、1月31日には107,500円まで下落したのです。

【2018年1月の下落理由】中国・韓国をはじめ世界で規制強化トレンド

今回の暴落は、中国当局が昨年9月に発表した取引所の禁止に加え、アクセスの遮断、ウォレットサービスなど、ほぼ全ての仮想通貨サービスが検閲され、政府によって制限される内容が報告されたためです。

その他、韓国、ドイツなど世界的に規制を強化する方向での報道が続いています。

本記事を書いている1/18時点、月末の相場は分かりませんが、1/1の価格1,604,828円まで回復するのはかなり難しそうな状況と予測しています。

初心者が仮想通貨を始める「買い時」を考える

これまで1月の下落について、その歴史と要因について触れてきました。

既に仮想通貨投資を行っている方は、今後のトレードのひとつの参考としていただければ幸いです。

一方、まだ仮想通貨取引をやっていないという方も是非参考にしていただけたらと思っています。

再度月別の変動率をご確認ください。

2014年11月以降、2か月連続して下落しているのは、2016年の7月と8月のみです。

<これまでは>下がった後には必ず戻してきている…これが私たちが今唯一わかっている確実なデータです。

いつが最も投資を始めるのに良いタイミングなのか?

仮想通貨に興味がある方は是非そのあたりも考えてみてはいかがでしょうか?

本サイトでは、利用者数・取扱仮想通貨の種類No.1のコインチェックをおススメしています。アプリは手数料が高いため、まずはリンク先でメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成してみてください。

金融庁登録の信頼・マイナス手数料・ビットコイン積立… 本サイトで一番人気の仮想通貨取引所:ザイフの登録はこちら↓


まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年12月 100万円

2017年12月 100万円



2016年12月  100万円(10BTC)

2017年12月 2200万円(10BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁認可!仮想通貨取引所ランキング

Zaifの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

GMOコインの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

コインエクスチェンジの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら



【今おすすめの記事】

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.