仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

アルトコイン イーサリアム ビットコイン リップル

仮想通貨のランキング~アメリカ格付会社、発表後も毎日更新中!

投稿日:

仮想通貨のランキング~アメリカ格付会社、発表後も毎日更新!

米国の格付け会社:ワイス・レイティングス(Weiss Ratings)が、2018年1月24日に、世界で初めて、仮想通貨の格付けを発表しましたが、その後、ほぼ毎日にように格付けを更新しています。

格付けの対象となっているのは、https://crypto-currency.site/?p=451500種類あるといわれる中の75種類

格付けはA~Eまでの5段階に、プラスとマイナスをつけた全15段階評価で行われています。


A+/A/A-:excellent(素晴らしい/強く買い)
B+/B/B-:good(良い/買い)
C+/C/C-:fair(普通/ホールド)
D+/D/D-:weak(ダメ/売り)
E+/E/E-:very weak(とてもダメ/強く売り)

発表の前には格付けを恐れた韓国のビットコイン投資家たちがサイバー攻撃も仕掛けたという噂があるほどでしたが、今のところこの格付けによる相場への影響力は限定的のようですが、今後も定期的にウォッチしていく必要があるでしょう。

それでは早速、2/4時点の最新ランキングを見ていきましょう!

市場規模TOP10の主要仮想通貨の最新ランキング

ビットコイン(BTC)C+
イーサリアム(ETH)B-
リップル(XRP)C+
ビットコインキャッシュ(BCH)C-
カルダノ(ADA)B
ライトコイン(LTC)C+
ステラ(XLM)C
ネオ(NEO)B-
イオス(EOS)B-
ネム(XEM)C+

その他日本の取引所で売買できる仮想通貨の最新ランキング

ダッシュ(DASH)C+
モネロ(XMR)C
リスク(LSK)C
イーサリアムクラシック(ETC)C
ジーキャッシュ(ZEC)C
カウンターパーティ(XCP)C
ドージコイン(DOGE)C
カウンターパーティ(XCP)C
オーガー(REP)対象外
キャッシュ(QASH)対象外
ファクトム(FCT)対象外
モナコイン(MONA)対象外

Aランクの仮想通貨:excellent(素晴らしい/強く買い)

該当なし

Bランクの仮想通貨:good(良い/買い)

スティーム(STEEM)B+
カルダノ(ADA)B
ビットシェアーズ(BTS)B-
イーサリアム(ETH)B-
ネオ(NEO)B-
イオス(EOS)B-

その他Cランクの仮想通貨:fair(普通/ホールド)

アーク(ARK)C+
デクレッド(DCR)C+

アッシュ(XAC)C
ブラックコイン(BLK)C
ブロックネット(BLOCK)C
バースト(BURST)C
バイトボール(GBYTE)C
バイトコイン(BCN)C
コモド(KMD)C
ナノ(XRB)C
ナヴコイン(NAV)C
ネクサス(NXS)C
エヌエックスティ(NXT)C
ピアーコイン(PPC)C
ピヴクス(PIVX)C
クオンタム(Qtum)C
シフト(SHIFT)C
ストラティス(STRAT)C
シスコイン(SYS)C
ユービック(UBQ)C
バージ(Verge)C
ヴァートコイン(VTC)C
ウェーブス(WAVES)C
エクストラバイト(XBY)C
ゼンキャッシュ(ZEN)C

クロークコイン(CLOAK)C-
イーオン(AEON)C-
デジバイト(DGB)C-
デジタルノート(XDN)C-
フェザーコイン(FTC)C-
ゲームクレジット(GAME)C-
アイオーコイン(IOC)C-
ネームコイン(NMC)C-
ネビロ(Nebiro)C-
レッドコイン(RDD)C-
スカイコイン(SKY)C-
スマートキャッシュ(SMART)C-
ヴィアコイン(VIA)C-
ホワイトコイン(XWC)C-

Dランクの仮想通貨:weak(ダメ/売り)

ビットコインゴールド(BTG)D+
アインシュタニウム(EMC)D+
メタバースETP(ETP)D+

オーロラコイン(AUR)D
エレクトロニウム(ETN)D
エクスパンス(EXP)D
ガルデン(NLG)D
マッチプール(GUP)D
メガコイン(MEC)D
ノヴァコイン(NVC)D
ポットコイン(POT)D
ピューラ(PURA)D
クウォーク(QRK)D
ライズ(RISE)D
サルーS(SLS)D

コメット(CMT)D-

Eランクの仮想通貨:very weak(とてもダメ/強く売り)

該当なし

格付け機関ワイスレーティングスとは?

今回格付けをおこなったワイスレーティングスは、1971年にアメリカに創設され、株式・ETF・ミューチュアルファンド(米国の一般的な投資信託の通称)・保険会社・銀行・信用組合を対象とする米国の唯一の100%独立した格付会社。

「格付け」というと、ムーディーズやスタンダード&プアーズ(S&P)が有名ですが、これら2社はリーマンショックの引き金となったサブプライム・ローンを証券化して組成した債務担保証券(CDO)を適当に格付けしていたことで、アメリカ国内での評価が下がっています。

一方のワイスレーティングは、これまでに55,000の企業や投資案件の評価を行っており、その正確さは米国政府会計検査院(GAO)、バロンズ、 ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズ等によって高く評価されています

仮想通貨の格付けを受けて感じた印象

発表前からSNSでは有識者から予測が発表されており、多くの方がビットコインはAランクと予測していました。

しかしながら結果は「C+」。

Aは1つもなく、市場規模のTOP3でBランクと評価されたのは「イーサリアム」のみ、という結果になりました。

個人的には、カルダノ(ADA)がBランクというのには驚きました。

またスティームが最高評価のB+を獲得していますが、実際に「Steemit」を使ったこともある私としては、何故そこまで・・・?というのが正直な感想です。

しかし、今回この記事を書いたことで、ワイスレーティングスの歴史や、その厳格な評価実績を調べるにつけ、客観的かつ妥当なものかもしれない、と感じはじめています。

今後も評価は頻繁に変わってきそうなので、本記事は定期的に更新していければと思っています!

金融庁登録の信頼・マイナス手数料・ビットコイン積立… 本サイトで一番人気の仮想通貨取引所:ザイフの登録はこちら↓


まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年12月 100万円

2017年12月 100万円



2016年12月  100万円(10BTC)

2017年12月 2200万円(10BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁認可!仮想通貨取引所ランキング

Zaifの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

GMOコインの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

コインエクスチェンジの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら



【今おすすめの記事】

-アルトコイン, イーサリアム, ビットコイン, リップル

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.