「取引所」や「仮想通貨の種類」に関する基本情報から、ビットコイン・イーサリアム・リップルの最新動向、中央銀行やメガバンクによるブロックチェーンの研究動向を徹底解説

仮想通貨ラボ

アルトコイン ビットコイン リップル 取引所

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の特徴・信頼性は?

更新日:

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の特徴・信頼性は?

コインチェックの事件を受けて、今ひときわ存在感を増している仮想通貨取引所があります。それはコインエクスチェンジ(QUOINEX)です。

一体どのような取引所なのでしょうか?

QUOINE株式会社の企業概要

コインエクスチェンジは、QUOINE株式会社によって運営されています。

QUOINE株式会社は、2014年11月、現在の代表取締役社長:栢森加里矢(かやもりかりや)氏らによってシンガポールに設立。

2016年4月に本社を千代田区の平河町に移転するとともに栢森氏が代表取締役に就任。現在資本金は約20億円。

ビットコイン日本語情報サイトによると、2017年12月のビットコイン取引高は、5842億円を誇っています。

栢森加里矢氏の経歴

コインエクスチェンジの凄さを語る上で忘れてはならないのが、社長:栢森加里矢氏の経歴です。

東京大学法学部卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。三菱商事、グローブスパン・キャピタルパ・パートナーズ(Globespan Capital Partners)、ソフトバンクグループにてシニアロールを歴任しながら、日・米・アジアで投資・IT・ベンチャーに携わってきました。

こちらは2017年5月10日に日本外国特派員協会の記者クラブで行われた栢森社長のスピーチ。

「日本におけるビットコインの未来」と題したこの講演をご覧いただければ如何に彼が優れた経営者であるか、お分かりいただけると思います。

コインエクスチェンジ~4つの特徴

では本題です。

コインエクスチェンジは何が凄いのか?

突き詰めるとそれは4つに集約できるのではないかと思います。

早速1つずつ見ていきましょう。

1.金融庁登録の信頼性とセキュリティ

2017年4月改正資金法が施行され、日本において仮想通貨交換業を行うには金融庁の登録が必要となりました。

コインエクスチェンジは、日本の仮想通貨取引所として、最初に金融庁の登録が完了した取引所なのです。

※正確にはマネーパートナーズが関東財務局長第00001号の取得となっているのですが、同社はまだ開業前のためコインエクスチェンジを初としています。

2018年1月26日に発生したコインチェックのNEM不正送金事件を受けて、コインエクスチェンジは1月31日に、【当社のセキュリティ対策および今後の更なる強化策について】というリリースを発表。

”当社の経営陣はメリルリンチやゴールドマンサックス等のグローバル投資銀行において、セキュリティやガバナンス、オペレーション、コンプライアンス、リスクマネジメント等をグローバルスタンダードで長年経験してきたメンバーで構成されております。”

という実績に加え、取り扱っている仮想通貨は100%コールドウォレット(インターネット接続環境外)で管理し、ビットコインおよびビットコインキャッシュについてはマルチシグ導入済としています。

セキュリティが何より重要となる仮想通貨取引所。

コインエクスチェンジはまさにセキュリティが信頼できる取引所といえるのです。

2.取扱通貨を拡大していくアグレッシブな動き

コインエクスチェンジのビットコイン出来高を見ると、2017年の秋から大きく伸びていることが分かります。

それを牽引したのは、ICO「QASH」です。

新たな金融プラットフォームLIQUID上で使われるトークン:QASHによるICOで、同社は124億円の調達に成功。

2018年1月25日には世界3位の市場規模を誇る仮想通貨リップル(XRP)も上場。

その後も、ロック・トークン(Rock Token)のICO、イーサリアムクラシック(ETC)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)の上場も金融庁に申請していましたが、コインチェック事件のあおりを受け、延期となっています。

しかしながら今後も積極的にICOや人気コインの上場を狙ってくる極めてアグレッシブな取引所といえるでしょう。

大きく化ける案件が最も出やすい金融庁登録取引所、それが「コインエクスチェンジ」なのです

今のうちに口座開設だけでも確実に行っておきましょう!!

登録はこちら↓

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

3.世界中の法定通貨が使える!

グローバル色の強いコインエクスチェンジ。

法定通貨の取扱いも多く、世界中を旅するビジネスマンなどは極めて重宝する取引所です。

ビットコイン取引が可能なフィアット(fiat)は、
日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、シンガポールドル、香港ドル、人民元、南アフリカランド、フィリピンペソ、インドルピーの全10種類

通貨ペア数は間違いなく国内No.1の取引所です。

4.LINEでの問い合わせサポート

ユーザビリティの面でも独自の取り組みを行っています。

それはLINEでのユーザーサポートです。

取引所の問い合わせはどうしても時間がかかり、レスが遅くなる傾向がありますよね。

でもコインエクスチェンジなら、LINEを通じて問い合わせることができるので、よりスピーディな回答が得られるはずです。

コインエクスチェンジの凄さ、お分かりいただけたでしょうか?

さ、いつ口座開設するの?今でしょ!

仮想通貨取引所~金融庁登録の全16社を徹底比較!

金融庁登録の信頼・マイナス手数料・ビットコイン積立… 本サイトで一番人気の仮想通貨取引所:ザイフの登録はこちら↓


まだ仮想通貨を持っていない方へ…

仮想通貨は本当に怪しくて危険なものでしょうか?



「大地が動いているなんてありえない。空が動いているのだ。」
(16世紀にコペルニクスを批判した人々)

「地球が丸いなんて馬鹿だ。地の果てまで進んだら滝に落ちるぞ!」
(地球平面説を信じていた人々)

「インターネットが本や雑誌、新聞に代わるはずがない。」
(インターネットに批判的だった論者、業界関係者)

「姿も形もないビットコインや仮想通貨に価値があるはずなんてない」
(仮想通貨を所有もせず批判的なあなた)

あなたの大切な資産…まだ超低金利の銀行に?



2016年12月 100万円

2017年12月 100万円



2016年12月  100万円(10BTC)

2017年12月 2200万円(10BTC)

世界の3大仮想通貨は1年で10~45倍に価格が高騰









仮想通貨は5千円・1万円からでも手軽にはじめられます



例えば、1BTC=65万円でも・・・
0.1BTC 6万5千円
0.01BTC  6千円
で少額の投資ができるのです。

金融庁認可!仮想通貨取引所ランキング

Zaifの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

ビットフライヤーの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

GMOコインの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら

コインエクスチェンジの特徴・信頼性に詳しい記事はこちら



【今おすすめの記事】

-アルトコイン, ビットコイン, リップル, 取引所

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.