仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

基礎知識

ビットコインの最低購入金額は?1円から買える?

更新日:

単位はBTCとsatoshi

ビットコインの単位をイメージした画像

日本円はJPY、米ドルはUSD、ユーロはEUR、人民元はCNYが使われるように、ビットコインの通貨単位はBTCが使われます。

BTCの最小通貨単位はsatoshiで、

1satoshi=0.00000001BTC (1億分の1BTC)

となっています。

satoshiとは、ビットコインの開発者:Satoshi Nakamotoのことです。

ビットコインの購入、取引の単位

2017年2月時点、1BTC=110,000円台で推移しています。
※2017年3月3日時点では15万円直前まで急騰しています。

そうると最低11万円はないとビットコインは買えないのか?と思う方もいるかもしれませんが、心配はいりません。先ほど説明した通り1億分の1の最小単位があるので、1円以下の単位までも取引が可能です。

分かりやすく、1BTC=10万円とした場合、以下の通りです。

100BTC=10,000,000円
10BTC=1,000,000円
1BTC=100,000円
0.1BTC=10,000円
0.01BTC=1,000円
0.001BTC=100円
0.0001BTC=10円
0.00001BTC=1円
0.000001BTC=0.1円
0.0000001BTC=0.01円

取引の際には自動計算されるから暗記は不要

小数点以下の通貨は日本人には馴染みがないため「なんか難しそう。単位を間違えてしまいそう。」と感じる人もいるかもしれませんが、心配はご無用です。

日本の主要取引所もしくは取引所が出しているウォレットは、ほぼすべてが同時に日本円も自動計算で併記してくれます。

以下はビットフライヤーのアプリですが、現在所有している日本円とビットコインの上に総額、日本円でいくら相当かを表示してくれています。

ビットフライヤーの総資産など円とBTCの金額を表示した画面

送金、受取画面についても、日本円でいくらかが併記されいますよね。

ビットフライヤーの送金や受け取り時の円とBTCの金額を自動で表示してくれる面

少額のビットコインを持ってどんないいことがあるの?

ビットコインをもつと、プチ投資家になった気持ちになれます。

株やFXをやったことのないひとも、資産というものがいかに毎日変動しているのかをスマホを開くたびに実感することができます。

あなたの毎日の生活に新しいドキドキが1つ加わります。

特にこの記事を書いている2017年2月下旬~3月上旬はビットコインが過去最高値を連日更新しているからなおさらです。
もちろん価格が下がるときもあります。

ビットコインが変動幅が非常に大きいのが特徴です。だから、たった1万円分のビットコインしかもっていなくても、1日で1,000円以上価格が動くなんていうこともざらです。そんな時はこんな美味しい高級ハンバーガーを利幅だけで食べられます。感覚としては無料でね。

ビットコインが使えるお店はまだまだ少ないですが、私が実際にビットコインの利幅だけで美味しくいただいたハンバーガー食レポ(?)記事はこちらです。

そんなのはいいから、今すぐビットコインをもってみたい!という方は一番安全な取引所であるbitFlyerがオススメです。

 

--------------------------

ビットコインやリップルなどの仮想通貨をはじめるなら… 累計1,000人以上に取引所の口座開設をご紹介してきた本サイトで人気の取引所TOP5はこちらです(いずれも金融庁登録の取引所です)。

第1位:DMMビットコイン
dmm_bitcoin
DMMビットコインで口座を開設する


第2位:ビットトレード
bittrade
ビットトレードで口座を開設する


第3位:GMOコイン
gmo_coin
GMOコインで口座を開設する


第4位:ビットバンク
bitbank
ビットバンクで口座を開設する


第5位:ビットポイント
bitpoint
ビットポイントで口座を開設する




【今おすすめの記事】

-基礎知識

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.