仮想通貨の種類・取引所・最新ニュースを分かりやすく配信

仮想通貨ラボ

ビットコイン 関連ニュース

ビットコインETF認可されず暴落中

更新日:

ビットコインETF認可されず暴落中

本日(2017年3月10日深夜~翌朝にかけて)、アメリカ証券取引委員会(SEC)はビットコインETF(上場投資信託)を認可しないことを発表しました。

ETF(上場投資信託)とは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託のことです。

今回、このETFにビットコインを使えるようにしようと、アメリカ証券取引委員会(SEC)に申請がされていたのです。

しかしながらSECの結論は否決。これにより現在ビットコインが暴落中です。

アメリカ証券取引委員会(SEC)の判断がでる直前3月10日22時半頃(日本時間)、ビットコインは急上昇。147,550円を付けました。

しかしアメリカ証券取引委員会(SEC)が否決の判断をするとビットコインは急落。翌3月11日6時過ぎには、129,465円をつけています。

たった8時間で12%ダウン。あげるときも下げるときもすさまじいボラティリティです。

またもウィンクルボス兄弟の夢がやぶれた形となりました。

今回アメリカ証券取引委員会(SEC)がETF認可すればアメリカBATSグローバル・マーケッツが運営する取引所に上場する予定だっただけに彼らの失望は大きいでしょう。

しかし今回の否決は初めてではありません。2013年にも否決されており、今回は2回目の挑戦でした。

そう考えると、彼らがまた挑戦してくることはほぼ間違いないでしょう。

なぜ今回SECはビットコインETFを否決したの?

今回SECが見送った理由は、過去のビットコインの取引記録を踏まえ、不正取引を防止し、投資家の利益を保護する設計が不十分だ、と判断されたためです。

ビットコイン、ブロックチェーン、イーサリアムと仮想通貨(暗号通貨)やフィンテックに対する期待が世界的にかなり大きくなっていただけに、今回の否決は個人的には残念ではありますが、法整備やユーザー視点という点でまだまだ整っていない、というある意味では全うな判断が下ったケースなのかもしれません。

ビットコイン今この瞬間が買い時!?

この記事を書いている3月11日8時半時点13,500程度の推移となっています。

個人的には今こそ買い時と思っています。

なお、イーサリアムはこの動きを受けてか上昇中。

2大仮想通貨は暴落した今こそ仕込み時なのかもしれません。

ちなみに、私のおすすめ取引所は、ビットコインならbitFlyer、イーサリアムならcoincheckです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

--------------------------

ビットコインやリップルなどの仮想通貨をはじめるなら… 累計1,000人以上に取引所の口座開設をご紹介してきた本サイトで人気の取引所TOP5はこちらです(いずれも金融庁登録の取引所です)。

第1位:DMMビットコイン
dmm_bitcoin
DMMビットコインで口座を開設する


第2位:ビットトレード
bittrade
ビットトレードで口座を開設する


第3位:GMOコイン
gmo_coin
GMOコインで口座を開設する


第4位:ビットバンク
bitbank
ビットバンクで口座を開設する


第5位:ビットポイント
bitpoint
ビットポイントで口座を開設する




【今おすすめの記事】

-ビットコイン, 関連ニュース

Copyright© 仮想通貨ラボ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.